« コンピュータ技術者のための英語講座もどき | トップページ | 短くつぶやく »

2005年2月15日 (火)

英語教育

日本の英語教育は間違ってる。。とよく言われる。
そうだろうか。

多くの人が言うのは、「使える英語」を教わっていない
ということだ。

が、私は、この問題、どうなんだろう。。と思う。

言語は民族のコアである。
日本人がみながみな外国語を学ぶことは、
どうなのだと思わなくもない。

日本はアメリカの植民地ではない。

だれもかれもが英語を勉強して、
英語できるとかっこいいとかいう価値観が跋扈している
のは、非常によくない状態だと思わなくもない。

日本人は日本語を話すべきである。
日本語で勝負すべきである。

しかし! なぜ英語を学習するのだろうか。

国際化時代だからか?
英語がデファクトスタンダードだからか?

いやいや、まてまて、
国家がデファクトにほいほいついていってどうする。

国際標準言語は国家間の大事な戦略的な
奪い合うべきものではないのか?

本当の本当は、日本語が国際標準語だったら
サイコーなのだ。日本語教えるだけで、お金稼げる。
日本語ネイティブというだけでモテる

議論になったら、相手が一生懸命外国語に
格闘しているところを、一歩も二歩も先で待ち伏せして
叩きのめせる。

国際標準語を勝ち得た民族の得る効用は
はかり知れない。

これは、だれもがわかっていることではあると思う。
でも誰もが口にしないことでもある。

中学生がなぜ、英語を学ぶのか、

誇りある民族がなぜ劣った(^^)外国の言葉を勉強するのか。
いや、外国が優れているからかもしれない。

うーん。それだけか?。。 かもしれない。

いやいやいやいや、 まーてまてまて。

国際標準語の地位は今後とも競うべきである。

学者も英語で論文を書いていることが多いが、
私も卒論も修論も英語で書いたが、それでよいのか?
勝てるのか?

いや、実際勝てていなくて、日本の大学等の地位は
おしなべて低い。特に文系。

工学分野では、日本の学者はそこそこ知られている。
が、文系、、扱うものが方程式や図形やモノではなく、
言語化が大事な文系、、 国際的に競争力がもてるわけが
ないのだ。 英語化でエネルギーつかっちゃってるわりに、
英語的に説得力もつのってすごーい大変だから。

じゃ、どうしたらよいのか。。

ま、だいたいは今のままでいいだろう。

んー。。ええと、なんか、目がつかれてきた。

・・いいたかったこと、一言で言えば、
・・・英語学習てのは、外国語であればなんでもよくって、
さっきの書き込みで書いたようなように、日本語という言語を
相対化するためのものだと思う。それが第1義

オマケとして、世界の人々とお話ができるとか、
そういうことがあるわけだよ。。

そのあたり、「世界の人々とお話ができる」ことを
第1にとらえて学習したり、させたりしている風潮が
おかしいなぁと思うということです。

世界の人々なんて、どこいったって人は人だし、
お話するっていったって、普通、
「ありがとう」「さよなら」「こんにちは」「これいくら?」
ぐらいなわけで、たいした話するわけじゃないんだからさ。。

ていうか、たいした話するのは、今の
学校でやるぐらいの生半可な学習じゃ
ぜんぜんだめなわけで、、

私思うに、コミュニケーション という科目をつくるべき
なんじゃないかな。。外来語だな。。 名前は
もうちょっと考えるとして、日本語・英語・他言語、
マスコミ・電話・イーメール・プレゼン・議論・
いろんなものを総合的にとらえてやってくような科目として

義務教育で外国語、英語以外選択肢ないというのは
なんか、おかしい気がするのだ。

。。 目、もう限界。。
しりきれとんぼだが、以上

« コンピュータ技術者のための英語講座もどき | トップページ | 短くつぶやく »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34023/2937138

この記事へのトラックバック一覧です: 英語教育:

« コンピュータ技術者のための英語講座もどき | トップページ | 短くつぶやく »

Haruya's Violin

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ