« チャイナタウンの日式ラーメン店 | トップページ | C# ノッテキタ »

2005年3月16日 (水)

UIスキーマ!?

ここのところ、仕事をバリっとやってきたので、
だいぶ暇になった。

バグだらけのシステムは本当に
にっちもさっちもいかない構造的問題を除き、
綺麗に掃除された。

にっちもさっちもいかない構造的課題は
「延期!次期リリースとする。」という風にすることで
上がヒヨったため、ひとことで言って仕事がなくなった。


日本でやってた仕事のやり方だと、
「ヒヨらず、せめて、ここだけは直しましょう!」
なんて熱く語ってしまうのだが、今の私はそうはしない。

日本でよくやった、「上に物申す」という
コミュニケーションは非常に高度な神経を使う。
相手のタイプや人間の大きさに合わせて、
表現や突きどころを変えねばならない。
また突きどころを間違えたときのフォローも
平謝りから開き直りまで様々なバリエーションを
駆使せねばならない。

私の英語力では、
そんな高度なコミュニケーションはできないだろうし、
突きどころを間違えたときのリカバリも失敗するかもしれない。
 (リカバリ失敗は人間関係崩壊や
  私の社内評価暴落を意味する。ま、暴落しても
  死にゃせんのだけど、なんか会社に居づらいのは疲れるし。。)
なので、上がヒヨろうが、何しようが、
「こういう問題があります。 
 今後のために認識しておきましょう。」
と、冷めたコメントをメールで流すぐらいにしている。

しかし、やってみると、
なかなかこれも良いやり方である。
これで客が納得し、お金がもらえてるんなら、万々歳なのだ。
 *(そうか?んー。。まぁいいや。。)

まず、しっかり5時半には帰れる。
家に帰って目先の仕事にとらわれず、先を見越した
技術学習やら、脳の休息やらができる。

いや、本当に、
トータルでみたら、これが一番なのかもしれない。
時間を上手に使うことは大事である。


話を戻そう。
業務時間中にやらねばならぬことがなくなった。

こういうときに起こるよくあるパターンのひとつに、
「意味のない仕事が製造されて降ってくる」
というのがある。


部下を持つ人間は、つねに部下に仕事がある状態を
キープしなくてはいけないという強迫観念をもってしまうことがある。
実は、私もそうだった。

しかし、そこで無理やり作った仕事を振るのはよろしくない。
人間アホではない。無理やりな仕事は
振られたほうも、「あ、これ重要じゃないだろうなぁ」と
分かってしまうものである。

重要じゃない仕事をやらされるのは苦痛である。
私は、これをやって何人かに嫌われた。

こういうときは、多分、ちゃんと正直に話をして、
長期プランを示して、「今後、こういう方向にプロジェクトは
進む。だからこういうスキルが必要になるだろう。
今差し迫ってやらねばならない仕事はないけれど、
今後楽をするために、こういうトピックについて
学習をしておいてくれないか?」
なんていう風にやるのがいいかなと思う。

どうだろうか。

さて、現在の私の上司。

どうやら、以前の私のように、無理やりにでも
仕事を作らねばならないと思っている節がある。
確かに、自分で仕事を探せないようなタイプの人間には
なにか見繕ってやる必要があるのかもしれない。
が、私にそれは不要だ。

しかし、先日、同様なシチュエーションになったとき、
ただひたすら面倒くさくて、知的に面白くない、
しかもきっと何の役にも立たない仕事を依頼されてしまった。

依頼されてしまったらやらねばならない。
ここで、抗議だとかしだすと、
英語の勉強にはなるのだろうが、
今の私にはそれができない。
なんだか彼の感情を害さず上手にやれる自信がまったくない。
だから前回はそのとてつもなく面倒でつまらなくて、きっと
何の役にも立たない仕事を半分眠りながら全部仕上げた。

 (私は思考が止まると、どんなシチュエーションであっても
  眠ってしまう病なのだ)

しかし、今日は前回の失敗を踏まえ、
上手にかわした。

相手だって、「うーん。重要じゃない仕事だよっていいながら
振るのもなんだよなぁ。。」なんて思っているのだ。
こっちも表現を工夫すれば「テキトーにやっときます」
でいいはずなのだ。

まあ、しかし、めんどくさいので、まずは、
「上司に近づかないに限る」
という戦法をとった。
向こうも、「近づかないでもいいや」戦法をとることが
合理的なのだ。

なぜなら近づいたら彼は私を意識するということになり、
意識しているのにもかかわらず、「私が仕事が無い状態」
を放置するのは、彼の業務怠慢になるのだ。

しかし、この戦法には限界がある。
ふとした拍子に人間と人間は近づいてしまったりするのだ。

今日はトイレで一緒になってしまった。

 あー、 アキオ、
  明日は、データベースの本番環境移行でも
    てつだってくれないかなぁ?

  まあ、問題はだいぶ片付いたし、
   あんまりやることがないというのが実情なんだけど。。

正直じゃん。。じゃあ、こっちも正直に。。

 了解。 あ、大丈夫ですよ。
   あの件ぼちぼち進めてますし、
    いや、よりいい方法であの件を進められるような
     方法について考えていて、技術の勉強やらナニヤラ
      とても有意義に時間使えてますので。

わたしも正直に答えた。

いや、実際、本当に有意義に時間を使ったのだ。本日は。
ひたすらWEBサーフしてたんだけどさ。

それが、本題である。

キーワード。
-------------------
XLink / XPointer
XML Schema DBの3層スキーマ
XAML
-------------------

現在、とりあえずバックグラウンドで
ぼちぼち進めておくべき仕事は、いじってる
システムのデータディクショナリの更新というものだ。

ちゃんとこういうものをしっかり整備して
それに基づいてシステムを作ればこんな
ボロボロにはならないのだが、
整備されていないで
各人が思いつきでガシガシ実装しているので、
めちゃめちゃになっている。。

しかし、このDATAディクショナリなるもの、
厳密に作ろうとすると、現在の構造(DBテーブル一枚)では
記述不可能なはずである。

。。

そこから、私の探索は始った。

まず、データの入り口であるクラサバシステム。
この各種データ項目と、出口であるWEBシステム。
こいつの各種データ項目を、なんとか機械的に
処理可能な形で記述したい。

そして、中継点であるクラサバシステムDBと、それがエクスポート
するXMLファイル。さらに、中継DB、データマートをデータが
流れてゆくわけだが、
このデータが次々と移動してゆくというETLの仕様も、
機械的に処理可能な形で記述することができればいいのに。。

などと考えた。

上の句で、
機械的に処理可能な形といえば、
下の句は、XMLである。

つまり、こういうことだ。

画面のここの項目が、DBのここの項目に対応してて、
それが、XMLのここに対応してて、それが
STAGING_DBのここに対応して、それが、
DATAMARTのここに対応している、そして、
それが、WEB画面のこの項目になる。。

そういう仕様って、XMLで記述できないだろうか。。

と考えたのだ。

XBRLをちょっとさわったときにみかけた、
XLINKというやつが頭によぎった。

お! ナイスアイディアひらめいたぽ!?

DBのスキーマをXMLで表現することはできるはずである。
XMLのスキーマをXMLで表現するのは、まさにXMLスキーマである。
画面のスキーマ(DBの外部スキーマというべきなのだろうか。。)
をXMLで表現するのは、、んー。。 できそうだけど、
なんか、標準規格がないなぁ。。。

画面、XML、DB、これらのスキーマを
全部XMLで表現し、それらをXLINKの
LINKBASEでマッピングしてやれば、
今やっているテストの仕事を全部自動化できる。

さらに言えば、この技術をつかえば、
WEBアプリもFormアプリも、
実はプログラムレスでつくれないか???

なーんていうことを思ってしまった。

とりあえず、画面の仕様を如何にXMLで記述するか。
ま、いいや、適当に仕様つくっちゃえ!
なんかステキな標準技術があったら、
XSLTで変換すりゃいいんだ。

そんな感じで試行錯誤をしてみた。

ひょっとしたら特許もんか?
だって、WEBのフォームはHTMLのフォームタグで書くけど、
PANELだとかCOMBOBOXとか、そういうのが
XMLで定義できたら、プログラムレスで、
フォームができちゃわない?

GUIをXMLで記述すれば、それを
C#だろうと、JAVA SWINGだろうと、
ECLIPSEのWIDGETだろうと、なんか、
クロスプラットフォームちっくに展開できね?

お!すごい、これはすごいぞぉぉ!
確実に特許もんだ。
いや、いまどき特許なんてダサいことせずに
標準化して、おいらは、オープンコミュニティのヒーローに。。


馬鹿のみる夢は無限大だw。
 #短い間ではあったが夢を見れてたのしかった。

私程度の人間の考え付くことは、すでに世の中の
誰かが考えているものだ。 残念だが、世界はめっちゃひろいし、
頭のいいやつはわんさかいるのだ。

GUIをXMLでという試みはWindowsの次期リリースである
開発コードLONGHORNで実装されるらしい。
名前をXAMLというらしい。

。。でも、まてよ。。 あれは、ちょっと違うっちゃ違うか。。
 んー。。

今私がしたいようなことをするニーズにはまた別の仕様が必要なはずだ。
データの流れに注目した、GUI部分を抽象化したようなXMLがあってもいい
じゃねぇか。

UI Schema みたいな名前でさ。

そうして、XLINKで対応関係を記述する。。

簡単なWEB-DBシステムはDBスキーマのXML記述と、
このGUIスキーマを書いて、その二つをつなぐリンクベースを書く。

それでシステムいっちょあがり っていう世界って
あり得ないだろうか。

。。
んー。。 
現在の私のITスキルでは、
ここで思考停止になってしまう。。

そいうことで、XMLスキーマを勉強してみたり、
XLINKやXPOINTERの仕様を調べてみたり、
そんなことをして1日をすごしたというわけさ。

誰かに相談してみよう。

というか、これを読んだアナタ、どう思います??
実現可能かなぁ。そういう世界?

コメントあったら、是非お願いします。

« チャイナタウンの日式ラーメン店 | トップページ | C# ノッテキタ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

さすがだ!

うーん、なんだかとても勉強になったよ。
出向でSEの商談管理部隊に来ている俺も
なんだか借りてきた豚みたいな生活をおくって
いるのだけど、
なぜか挙式前の大事な3連休の真っ只中、一人で
出社しています。
明日も出社予定。ちなみに今こっちは23:30。

なぜかといえば、くだらない仕事だろうと、
「意義のある仕事化」を施してあげないと
気がすまねぇぜ!

っていう俺の主張が、こっちの担当さんに飛び火して
それは○さん(俺)しか出来ないことですから、
なんとか会議までに間に合わせてくれませんか?

と藪蛇。

しかも出向元契約だからそんな残業なんて
計上できるはずもなく、

・タダ働き
・挙式準備の妨げ
・連日終電の体力回復も出来ない

という三重苦なのでした。

んー・・・。なんだろうね。
自分を潰さずに、ヒーローにもなる、
というのはバランス感覚がとっても難しいね。

今だけは特別なのかな。

んなわけで、今日だけは妻のページにリンクします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34023/3318511

この記事へのトラックバック一覧です: UIスキーマ!?:

« チャイナタウンの日式ラーメン店 | トップページ | C# ノッテキタ »

Haruya's Violin

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ