« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月の6件の記事

2006年2月25日 (土)

フォートン再内覧会

060225_162606_M

いよいよ再内覧会。内覧会と同じく土曜日の11:15AMスタート。
数日前まで天気予報によればは大雨とのことだったが、青空広がる素敵な内覧会日和になった。

今回は初回内覧のときとは違い、そこそこ勝手も分っているので気が楽だ。
新井組の若い担当者と約1時間程度、
前回の指摘点58点の確認を行った。

全体として仕上がりは満足のいくものであったが、
細かい傷や汚れなどの指摘は多数でてきた。

汚れの指摘を次々に行っていると、担当者が決断をした。

「クリーニングの者を待機させていますので、今呼んで対応させます」

サッシまわりやキッチン、リビング床などの目だった汚れを
指摘したそばからごしごし雑巾で拭いてもらう。

汚れの多くはそれで解決となったが、傷などもあり
最終的に8項目の指摘が残った。

これらは来週、確認会と呼ばれる会にて直っていることを確認するそうだ。

060225_162446_M
フォートンハウスで書類確認を行って再内覧会は一段落。
駐車場へ戻って、昼ごはんを食べに向かった。

父はオーロラモールを希望したが、
母と私は強硬にリンガーハットを主張した。
3週間前の内覧会の際の昼食がリンガーハットであったが、
そのときの満足度によって意見が分かれた。

リンガーハットにつくと、混雑しているのか駐車場が
満車であった。仕方がないので、リンガーハットを通り過ぎて
桜木東戸塚線に出る。オリンピックのある道だ。

途中、右側にホンダプリモ東戸塚が見えてくる。
挨拶がてら立ち寄り、
自動車の登録に必要な神奈川県警に提出する
書類のフォーマットをいただいた。

その後昼食を求めて駅前に向かったが、
やはり母と私がリンガーハットを強く主張したので、
結局ぐるりとまわって昼食はリンガーハットになった。

060225_170002_M

昼食から戻った。
いよいよ後半戦のスタートである。
すなわち照明や家具のイメージ作りである。

飾り棚、ソファー、ダイニングテーブルの配置場所について、
議論しミュレーションを行うのだ。

ここからがお楽しみである。
内覧会もそうであったが、再内覧会においても、
前半戦は売り手と買い手の駆け引きの場である。
「欠陥」はないか、あら捜しモードで我が家を見ることになる。
正直これは真剣勝負ではあるが、夢のある面白い作業ではない。

だが、後半戦はどんな家具をおこうか、どんな観葉植物を置こうか、
どんな生活になりそうか、そんなイメージをふくらませながら、
夢見るひとときである。

このひとときのために、数千万の買い物をしているのかもしれない
とすら言える、ウキウキと楽しい時間だ。

060225_145439_M
まずは、秋葉原の石丸電気本店で買った照明を
つけてみた。壁が照らされると、やはりぐっと
雰囲気が出てくる。いい感じだ。

ただ、ひとつ問題に気づいた。
今回テストで購入した2灯は、カバーなしのタイプである。
このようにダイニング側につけると主張が強すぎることに気づいた。
リビング側のスポット4灯はこれでいいが、
ダイニング側の2灯はカバーつきのものにしよう。

060225_170017_M
50万円近くかかったオプションの作りつけ家具。
ゴミ箱内臓にこだわった一品だ。
外観は期待どおりの出来で満足だ。

最初引き戸の中のプラスチックのゴミ箱アタッチメントが
逆方向についていたため、「なんて使いづらいんだ!」と思ったが、
はずしてくるっとまわしてはめなおしたところ、
すっきり使いやすくなってほっとした。

これですっきりしたキッチンスペースができる。
50万の価値ありだ。

誰になるかは知らないが、
また、当面誰にもならない気もしないでもないが、
未来の私の花嫁へのささやかなプレゼントである。

060225_165913_M
バルコニーにはタイルを敷き詰めたいところだ。
ウッドもよいかもしれないが、隣が森なので虫の巣になる心配がある。

そんな話をしながら、床暖房に寝転がっていたら、
あまりに気持ちよくてうとうとと寝てしまった。

30分ほど眠り、起きるとすでに夕暮れは近かった。


各所の採寸も行った。

 廊下の収納(両開き): 間口77cm 奥行66cm
 廊下の収納(片開き): 間口34cm 奥行66cm
  (但し5センチ程度金具があるので注意)


060225_172952_M
17:30、再内覧会終了時刻である。
あわてて照明器具をはずし、荷物をかかえてフォートンゲートへ向かう。
受付に内覧会参加者パスポートを返して再内覧会は終了した。

階段を下りようとすると、受付の女性がひとこと。
「もしよろしければ、エレベータをお使いください」


060225_173533_M
ここのエレベータに乗るのは初めてだ。
エレベータ乗り場から階段を見下ろすとなかなか立派だった。

外はもう暗くなっていたが、先ほどの昼寝のおかげで、
私はまだ元気だった。

「よーし、みなとみらいのOkayにいくぞ~」

父と母がため息をついた気がしないでもないが、
きっと気のせいだろう。
部屋のイメージが残っているうちに一気に家具を決めるぞ~

2006年2月19日 (日)

八王子Okay

照明を決めてしまいたい。
ということで、ヤマギワに行くという計画もあったが、
都心に行くのはつかれるのでやめ。

なにげなく、
八王子、村内家具の別館みたいなのあったなぁと思い、
夕刻から向かった。

途中、新青梅街道で、左手に見えてきたニトリもチェック。
照明の値段が1000円~5000円ぐらい。。

ヤマギワと桁がひとつ違う。。
こういうのでいっかという気持ちになってくる。。
軽く店内をみまわして、ニトリをあとにする。

運転していたら眠くなり、途中で運転を母にかわってもらう。
おきたら、地下駐車場についていた。

気づいたらそこは、Okayという店。
ああ、村内の別館、そんななまえだったっけ?という感じ。

エレベータであがってみる。

フローリング色が、新居と近い。
しかも、スタイルは、モダンよりが中心。

テンションがあがる。

060219_181440_M

トイレから帰ってくると、両親が
「このテーブルいいじゃない!」

うん、確かにいい。。


ということで、テーブルと、ペンダントは
このへんでいってみよう。

Civic 1.8Sホイール

1:30~3:00 ホンダプリモ

  → ローン申し込み
  → 1.8Sのホイールを注文
  → ついでに、バスワークスも注文(3.7万)
  → ナンバープレートの希望No. 8400円をつけてもらえた!
  → 頭金を120万に増額。ローン総額222万円で確定。

結局自動車総額: 342万円。

やっちまった。
エントリーカーとされるシビックに、
ここまで金かけちゃったよ。

でも、そんな馬鹿丸出しな自分が 大好きさ~ ^^

トランクスポイラー変更について、営業さんにじっくり聞いてみた。

 1.MXのやつをはずすと、穴が別のところにあいてるので、
   そのままでは付けられない。
 
 2.無理にやる方法その1:
     ビス穴を「板金修理」ということで処理してしまう。

 3.無理にやる方法その2:
     トランクフードごと取り替えてしまう。
     トランクフード価格は意外と安く、3万円程度
     だが、塗装をせねばならないので、結局高い。

→結論としては、お金ももう限界なので、
 あとまわしとすることとした。
  しばらくは、ちっこいスポイラーで乗ることとする。

2006年2月18日 (土)

東戸塚エクステリアショップめぐり

東戸塚周辺のエクステリア・ガーデニングショップを巡った。


 1.南本宿から児童公園に向かう途中の左側
 2.ザ・シーズン
 3.フローリア
 4.島忠
 
結論: 島忠が一番充実している。

 ・ラティス    :180x90 のやつが2000~2500円。 → 2万円程度
 ・ウッドテラス : 90x90 のやつが2000~2500円。 →北側で、1.5万円
 ・ブロックテラス: 一枚680円。 バーセアは780円。 → 北側で7万円
 ・オーニング  : 一八ブラインドのやつを使うのがよさそう。。?


ついでに、島忠で色々見せてもらう。

 ・ソファー :灰色のやつがいい感じ
 ・照明スタンド: 1万円 → ペンダントとの相性がよさそう

以上。


2006年2月15日 (水)

北面バルコニー有効活用計画

最近、北側のバルコニーが熱い

事の発端は内覧会。

事前にわかってはいたが、新居の北面バルコニーは
向かいが7階建て自走式駐車場棟なわけで、(我が家は5F)
かなりどうでもいい景観である。

というか、丸見えというやつである。

そういうわけで、最初から物置きぐらいにしか考えて
いなかったバルコニーなのではあるが、
内覧会でさらにひとつの事実に気づいた。

バルコニーが丸見えということは、
バルコニーに面する部屋もデフォルト丸見えなのである。

 あぼーん!

つまり、放置しておくと、それらの部屋のカーテンは閉めっぱなしとなる。
すると、バルコニーは本当に完全に忘れ去られた場所になってしまうことが
容易に想像がつく。。

「何か手を打たねば!」ということで、
内覧の帰りの車の中で考えたところ、
楽しい計画が浮かんだのだ。

これが、本日のテーマ:
「北面バルコニー有効活用計画」
なのだ。

基本的には目隠し大作戦であるが、
そういうミティゲーション的思考で私がやる気になるわけがない。。

そこでコンセプトを考えた。

 「Cozyな場所をつくろう」
 「光陰と風の空間をつくろう」

ヒントは、マンション共用部分のブリーズプレイスという部分。
E棟駐車場入り口の何気ない空間だ。

目的:
 北面バルコニーを駐車場からの視線をさえぎる緩衝地帯とすることで、
 洋室1・洋室2のカーテンを常に開放できるようにすること。

計画の概要:
 180cmのラティスと、
 日陰でも元気に育つ背の高いゴールドクレストを
 バルコニーの手すりの周りに並べて囲う。


これが、今私の頭のなかに渦巻くプランである。

現在のプランは、少し進化して、
ラティス・ゴールドクレスト・ウッドデッキ・オーニングを
組み合わせるというもの。

なかでもオーニングというのが、なかなか攻めである。

天井高2500mm、居室は2重床・天井なので、
バルコニーは天井高さ2800mm程度はあるだろう。
ここに1800mmラティスを配したところで、上に1メートルもの
空間があいてしまう。

駐車場7階から見下ろされないようにするには、
オーニングが解になるのではないかと思うのだ。

色は、汚れそうではあるが、白!

これは、木の色と白をベースカラーとする我が家の鉄則に基づく。

しかしオーニングまで登場させるとは、
なんだかフルセットである。

しかし、予算がないのですべて安物で済ませる必要がある。
いいものを選んでやってゆくと50万円ぐらいが軽くふっとぶが、
安いものを選んでゆけば、10万ぐらいに抑えられることもわかってきた。

ラティスは、本当は、ウッディユーロシリーズにしたいところだが、
あれではそれだけで8万円ぐらいがふっとんでしまう。
普通の奴にすれば、2万円ぐらいですむ。。。

 ⇒というわけで、普通のやつにしよう。

但し、何らかのデザイン性は持たせたい。
ラティスで囲った結果、檻にしてしまってはならない。

普通のラティスも150の高さと180の高さがあるので、それを
互い違いに用いるとか。。 かな。。

これに、ゴールドクレストと、白いオーニングを配することで
たぶん檻にならないようにはできるだろう。

ラティス:
  60x180で2500円ぐらいのやつがホームセンターで
  売っているので、それを7枚程度。。
  取り付け器具等を含めても、約2万円でいけそうだ。


ウッドパネル:
  90x90のジョイントがついてない
  2000円ぐらいのやつ(Jマートで売ってた)を8枚と、
  砂利を敷き詰めれば何とか2万円~3万円ですむかもしれない。
 
オーニング:
  マンションなので、突っ張り棒タイプ以外に選択肢はない。
  陽まわり という奴、1機3万円x2  でもいけそうだが、
  DOITで見つけた一八ブラインドのやつは、5000円だったぞ。
  あれなら、2つで、1万ですむ。。。

  2wayなんちゃらってのは、色が青と緑と赤しかなかったので却下。
  つくりはシッカリしていて立派だったけど、なんだか
  金属構造がシッカリしすぎ。。
  下から見たときに太い金具が見えるのもイヤだしね。。。

  ここはトータルデザイン含めて、もう少し考えねばならなそうだ。。

ゴールドクレスト:
  背の低い奴は一本2000円で売っていたな。
  立派な奴になると一本2万ぐらいになっていた。
  
  日向で育てた黄緑色のやつが高い値がつくという情報をどこかでみたが、
  2万円の奴はそういうものである可能性がある。
  
  先日島忠で、そこそこの背丈で一本2000円台のを見た気がするので、
  そういう奴を5本~10本購入しよう。
  予算は、3万円ぐらいかな?

んー。。 よく考えたら、緑が足らん。。
せめてアイビーはほしい。。

予算15万ぐらい必要かなぁ。。

2006年2月 4日 (土)

マンション内覧会

内覧会について:

待ちに待った内覧会!
内覧業者を頼む人が多いのはしっていたけれど、
自分でやるつもりであった。

が、内覧会の数日前になって、やはり不安になって
内覧業者インターネットから申し込んだ。
色々な業者があったが、一番安いところを選んだ。

 料金4万5千円。 高い! 
 でも、まあ、安いもんか。。
 よし、やっぱり頼もう!

しかし、次の日、丁重なお断りメールが来た。
「もうその日はいっぱいです」

はぁ。。
しょうがないから、本に従って自力で内覧、臨んだよ。

朝、父母と3人で車で出発。
ついたのは10時。

モデルルームでリハーサル。

視点が変わると、モデルルームもまったく違って見えるものだ。
マニュアル本に従って細かくチェックをいれてゆく。

そうすると、憧れの対象でしかなかったモデルルームも、
欠陥だらけであることがわかってくる。
色々な問題点が指摘できちゃった。

このリハーサルで自信をつけて、
本番に臨んだ。

新井組の担当者。
誠実そうなおじいさんだった。


11時15分開始で、
3時間近くかかったねぇ。
指摘箇所60弱!

でも、感動したよ。
共有部分結構かっこいいじゃんよ。

カーテンもあわせてみたよ。
マックスフリー東戸塚店

決定したよ。リビングのカーテン&レース
10万円弱ですんだよ。
インターネット注文なら10%OFFってことで、
9万弱になったよ。

おっけー

しかし、最高だ。。
あの住居で3500万ってちょっと安いかも。。
いい買い物できたって気がする。

幸せな内覧会だったねぇ

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

Haruya's Violin

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ