« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の3件の記事

2007年1月14日 (日)

SUPER VIVA HOME

SUPER VIVA HOME

保土ヶ谷バイパスを町田方向に上って、
横浜町田インター近くのホームセンター 
SUPER VIVA HOME にいってきた。

購入したのは、白いペンキと農薬

ペンキは、北側バルコニーのラティス群を
白く塗るため。

農薬?は、南側バルコニーの
ヒース&ビオラ&ヘデラ寄せ植えに虫がたかったから。

ついでに横にあるAPITAとか言う名前の
スーパーみたいなとこにもいってみた。

2階のフードコーナーにペッパーランチを発見。

フードコーナーのペッパーランチというと、
海老名のSAにあるフードコーナーで、
ひどいエセペッパーランチ(全然おいしくない)を
つかまされた経験があったので、すこし警戒して
他の客が買うのを観察した。

ちゃーんと、アツアツ鉄板の上にジュージューと
出てきていたのでほっとした。
(海老名のは皿の上に出てきた)
今度からペッパーランチくいたくなったら、
あそこにいこう。

ケーキ皿を買うという目的があったのだが、
良いものがみつからなかったので、
別のところに行く事にした。

先週末、実家の近く武蔵村山の日産工場跡地にできた
ダイヤモンドシティ・ミューとかいうモールにいったのだが、
そこでフランフラン(Francfrancfranc)のケーキ皿が
いいかなぁとおもっていた。

そこで、まず最初に浮かんだのが、みなとみらい。
ワールドポーターズの6階あたりにフランフランがある。

でもよく考えたら、ここは南町田のグランベリーモールに近い。
たしかあそこにもフランフランがあったはずだ。
ということでグランベリーモールに向かう。


Grandberry Mall
とりあえずフランフランで、
お目当てのケーキ皿をみつけた。

しかし、なんと2枚しか残ってない;

先週、武蔵村山では3枚しか残っていないという理由で
購入を見送ったが、場所をかえたら状況が悪化した;

しゃーないので、2枚だけ買ってみた。
ついでにカレーとかを食うための大皿も付けてみた。

それと、相方がケーキを作りたいなどとのたまうので、
小麦粉などの重さを量るハカリも買った。

この時点ですでに19:30ごろ。

夕飯は保土ヶ谷のハングリータイガーという気分だった。
再び保土ヶ谷バイパスを使って、
ハングリータイガーに着いたらなんとびっくり

2時間待ち!?

前回来たときは40分待ちだったけど、
えーと、やっぱ2時間待ちはちょっとさすがに・・

つらかったが、あきらめることにした。

でも、心は既にハンバーグモード。
カーナビに「自宅に帰る」「目的地付近のステーキハウス」と叫ぶ。

ステーキハウス田園

検索結果の2番目に出てきたのが、
「ステーキハウス田園」というところ。
自宅付近のレストラン開拓という大義名分を掲げて
向かったそのレストランは
平戸交差点の近く、ホンダプリモ平戸店の隣にあった。

なかなかいい感じの店構えで、
値段が張りそうな気がしたが
ハングリータイガーに振られてちょっと
やけになっていたので、迷わず突入。

メニューを開くと、7000円とかするような高いステーキが並んでいる。
とりあえずその辺は無視して、一番小さな数字を探す。

おっ、ハンバーグ200gは1300円(ただしライスなし)で、
ハングリータイガーとだいたいおなじだ。


む、でもセットにするとこの店はちとたかい。

ライス・サラダ・スープ・コーヒーがつくセット

なんとお値段 +900円!

うーん。
でも、おいらはもうやけっぱち。

いっちまいましたよ。

ミックスステーキというなまえの
ロースステーキ150g+ハンバーグ100gの
ハイブリッドメニュー@2200円。
しかも、セットにしちゃいましたよ。
しめて一人前3100円。

相方のぶんとあわせて5000円オーバーになってしまったけど、
ステーキ、

----メッサウマー--Ψ(゜∇゜)Ψ----------

いやー。またくいにこよう。

土曜のランチは1000円弱のステーキランチなんてもの
あるっぽいし。

んで、
家に帰ってきてから、
エアコン室外機だけ白く塗りました。

いいかんじになったかも・・^^

2007年1月13日 (土)

ズーラシア

ズーラシア

ズーラシアにいってきた。

ライオンの「咆哮」が聞けた。
すげぇ。がおぉー

ペンギンの展示がよかった。
水中を泳ぐペンギンはまるで魚のよう。
 
植栽が充実していて、ガーデンとしても楽しめるなと思った。

入場料が大人600円と安いのもびびった。

イイね


ヨドバシカメラ
 
その後、WEBデザイン素材集を買いに
横浜駅周辺界隈へ。

ヨドバシカメラにいこうと決心してから
数十分はさまよっただろうか。

駐車場をあれこれ悩んでしまったからだ。
まあ、横浜市民となってもうすぐ一年なのに、
横浜駅周辺をよくわかっていなかったから、
地理に明るくなれるよう、わざとぐるぐる
まわったところもある。

駅の周りを二周ぐらいしてやっとはいった
横浜駅西口地下駐車場

 高い;; 

結局1時間パーキングで660円とられた。

ヨドバシで5000円以上買い物すれば無料だったみたいだけど
買い物額4000円弱。

無理に何か買うのもメンドかったので、
ちゃりんとはらっちゃったよん。

2007年1月 2日 (火)

20.6 km/l達成

昨年4月1日から乗り始めた
私のかわいいマイカーちゃん。
シビックハイブリッド

一般的には燃費がいいってことが
大きな魅力であるはずの車である。

実際コマーシャルでも、公称29.5km/l
という鬼のような燃費を誇らしげに
謳っているクルマである。

しかし、私のこれまでのドライビングの成果は
なんと12-14km/lぐらい。

しかし、
「いいじゃん、いいじゃん
 普通の車よりは燃費いいんだしさ~」
って感じで、この数字に大きな不満はなかった。


なぜなら、燃費が犠牲になることは折込済みで、
見た目だけのためにエアロパーツをつけたり、
最初から履いている軽くて空気抵抗の少ない
「ハイブリッド専用アルミホイール」をはずして
わざわざガソリン車用の重いホイールを
つけてしまったり・・・

そういうことをしていたからである。

とはいうものの
一抹の寂しさも感じていなかったかといえば
それはウソになる。

リッター20キロとか、そういう
ハイブリッド車ならではの世界を
味わうことへの未練はやはりあった。


しかし本日、ついに私も、その世界に
旅立つことができた。

三重県の四日市あたりから
静岡の三島ぐらいまでの道中で、
ついにリッター20.6キロメートルを
出すことができたのだ^^

この記録(たいしたことないけど)の意味について
少し補足しよう。

下り坂とかで短い区間でならば
燃費50km/l以上とかも出せるわけで、
ちゃんと長距離(例えば百キロ以上)
走って出す記録に意味がある。
今回は、三重から静岡まで250キロ以上走って、
その平均燃費が20.6km/lだったという
ところに意味があるのだ。

ホイールやらエアロやら、
燃費悪化要素をこてこてつけちゃったけど、
運転技術でがんばれば人並みの燃費でるじゃん!

ちょっと嬉しいぞ!

F101005820.0キロ達成の瞬間

ガソリン入れて走り出して、
しばらく経っても19キロ台
キープできていたので
嬉しくなってがんばったら
20キロいっちゃった!
(名古屋のあたり?)

F1010038楽しくなって
そのまま続けてたら、
静岡の三島のあたりで
20.6km/lまで上がった。

しかしその後、
箱根の山登りをしたら
一気に18.8まで落ち込み、
下りで19.9までは回復したものの、
20km/lの大台にはついに戻らなかった。

F1010034自宅に着いたときには
19.7km/lになってしまった。

ていうか自宅の周り、
上りが厳しいんですけど・・
家の近くまで19.8km/lで
来れたんだけど、
駐車場4Fまで上がったら
0.1km/l下がった・・orz


F1010035今回の旅行全体
(横浜⇔大阪往復+大阪の中ぐるぐる)
では17.7km/l

往路が16.9km/lぐらいだったのに復路は20km/l近く出ていることを考えると、
私のアクセルワークは確実に改善したということが出来ると思う。


東名を使わずに一般道+バイパスでの旅だったが、
13:30に大阪出て、途中何度か休憩したり寝たり飯食ったりしても
23:30に横浜に着いた。
片道10時間で無理なくイケルってことだね。

今回の旅で、このクルマの特性が少しわかった気がする。

以下シビハイ燃費向上運転メモ:

・75キロぐらいでの高速クルーズの状態を保ってあげるのが重要かな?
 それ以上の速度だと燃費が落ちる。

・だから高速道路走るよりも一般国道のバイパスを走るほうが
 嬉しいことになる。(高速代もかからんし。)

・ていうか静岡県内の国道1号はスゴイ。
 バイパス完備!信号ないし・・ ホントすごい!

・CVTまかせの加速は回転数が無駄に上がりすぎて燃費が悪
 くなる気がする。だから、75キロまで加速するまでに、2~3回
 アクセルを緩めてATみたいに回転数を段階的に下げてやって
 加速しなおすほうが、良いような気がする。

・高速クルーズ時に気持ちアクセルを強めることでモーターアシスト
 をかけてあげることができたりすることがあって、
 モーターアシストゲージ3メモリぐらいまでは、高速クルーズモード
 を保ってくれてそう。
 高速クルーズの敵である「なだらかな上り」が来て速度が
 下がってきたときは、これを巧く使うと瞬間燃費計が20~25キロ
 ぐらいをさしたまま「ゆるやかな上り」をやりすごせたりする。

以上、すべて、ちゃんとは検証できず、よくわからないけど、
今日運転していて感じたこと。
とりあえず、メモしときます。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

Haruya's Violin

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ