« 鬼十則の再発見 | トップページ | ある平凡な日曜日 »

2007年5月26日 (土)

ビオトープ公園

数ヶ月ぶりに洗車をして、メーリアにアイスをたべにいったところ、
駐車場が劇混みだったので、そそくさとストローベリージェラート
購入後、そそくさといえに帰ることにした。

アイスが溶けないように、溶けそうなところを時々食いながら
なので基本片手・時々手放し運転だ。(イクナイネ・・)

家に帰って、マンションの庭の芝生のところで食べようと思ってたのだが、
アイスを食べるのに気もちいい場所ならどこでもよかったので、
なんとなく、手前のビオトープ公園に寄ることにした。

F10101542月~3月ごろ毎週春の訪れのしるしを探しにきたこの公園。
もうすぐ6月になる今は、入り口付近から雰囲気が全然ちがっていた。

3月ごろは、一面スギナが地面を覆っていたのだが、
今はもっと背の高い雑草が地面をおおっている。

以前は道をそれて木々の中に入っていけたが、今はもう無理だ。
きもい虫ちゃんがいなければオッケーだが・・
・・・たくさんいそうなんだもん。。



奥に進み、池を見下ろす高台に出た。
ここも、やはり様子は一辺していた。


F1010153水辺には黄色い花が咲いていてとても綺麗だ。

花菖蒲ってやつなのかな?

植物がなかったときは、この公園の水の流れ、
まっ平らな敷地に、ひび割れのように
人工的な感じで不自然に流れているように見えた。

しかし、今では完全に植物に
埋もれてしまって、湿原のような
美しい風景を作り出している。



F1010150遊歩道の傍らで赤い実がなっているのを見つけた。

へびイチゴだ。

せっかくなので、ひとつ頂いてみた。

まあ、決して美味しくはないのだが、
なんとなく嬉しい。

蔓とあわせて見ると、ウェッジウッドだっけ?どこだっけ、
なんか、どっかの有名な食器の柄のように美しい。


F1010148公園の一番奥にある看板のところまでやってきた。

3月頃来たときは、藪を分け入ってさらに奥まで探検した。この奥をすすむと実はなんとゴルフ場の敷地に入れてしまうのだ。

そのとき誰かが飛ばしてOBしまったであろうゴルフボールを見つけたので戦利品として持って帰った。

あれは、本当に久々に感じた
アドベンチャー気分だった。

しかし、植物の生い茂った今は、
藪に入ろうなんていう気持ちにはまったくならない。

F1010146帰り道、綺麗な花をつけている低木を見つけた。
なんていう花なのかな。

春きたとき、枯れ草の野の中で
浮いた存在だったこの低木も、
今ではすっかり周囲になじんでいた。

僕のストローベリージェラートも、
もうすっかりなくなっていた。

« 鬼十則の再発見 | トップページ | ある平凡な日曜日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34023/15217702

この記事へのトラックバック一覧です: ビオトープ公園:

« 鬼十則の再発見 | トップページ | ある平凡な日曜日 »

Haruya's Violin

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ