« VirtualCloneDrive | トップページ | BLOGにソースコードを書く方法 »

2007年9月13日 (木)

アベさんの退き方の見方

首相のアベさんがやめちゃうというというニュースを聞きながら色々考えた。

まあ、多くの人が「無責任」という言葉を使っていたが、
個人的には、それも正論とは思いつつも、
自分は彼を「無責任」といって責めるようなことはしたくないなと思った。

理由は2つ。
一つ目は簡単。

いいじゃん! 
だって、やる気なくなったんだろー。
そしたらやめるんでいいんじゃないの?

なんて思う。

無論天下の日本国総理大臣が、そんなお手軽お気楽じゃいけないのかも
しれないけど、彼だって人間なんだしさ・・と思うのだ。

ま、それがひとつ。

んで、もうひとつが本題です。


表現としてはだいたい同じなんだけど、
「続けられない、続けるのがよくないという
 結論に至ったのなら、そのときすぐやめたほうがいい」
というものだ。

自分が特に大事にした視点は、日本という国家なり集団なり民族なりが、
いいほうに行くために、そのリーダー的な位置づけの首相ってものが
どう機能したら効果的かというポイント。

つまり、首相ってなんだっけ、リーダーって何だっけ?
という原点に立ち返って考えたということだ。

簡単なはなし、ダメダメな気もちになってしまって、
国民からもダメダメだと思われちゃった人が、
短期間でノリノリになれるとは思えない。

リーダーはノリノリで国民をノリノリ気分にさせてくれるやつのほうがいい。

だから、もうダメダメムードが臨界値をこえちゃったひとは、
退場して、リセットしたほうがたぶんマシ。


オレは、アベさんの「美しい国」コンセプト大賛成だったし、
やめてほしくなかったけど、まあ、本人が言っている
「もう求心力が回復できない」
という恐れが確信に変わってしまったのなら、
そのときがやめるべきときだと思うのだ。
それが、今日であったから今日やめた。

いいじゃないかと思う。


国をよくしようとこれまで理想に燃えてがんばってきたんだ。
本人だって断腸の想いだったはずだ。

でも、理想から現実がかけ離れていき、
これ以上かけ離れないようにするためには、
自分が身をひくのがベストだと確信してしまった。
それが今日だったんだと思うのだ。

そりゃ、所信表明演説やっちゃった手前、
普通の人なら引くにひけないよね。
だって、2日ぐらいしか経ってないんだもん。
このタイミングでやめるなんていったら、
無責任呼ばわりされてあきれられる
ことぐらい誰だってすぐ予想つく。

でも、そんな自分の評判なんかよりも、彼は国益
つまり彼の理想を優先したんじゃないかなと思うのだ。

普通のひとだったら、所信表明演説やっちゃった以上、
数週間は粘る。
粘って「がんばったけどだめでしたー」とやる。

でも、、
「自分が無責任といわれないようにする」ためだけのために
数週間粘るようなことを、彼の良心は許さなかったんだと思う。
自分がこれ以上がんばっても国家に利益をもたらさず
不利益をもたらしてしまうと確信したのなら特に。

それに「がんばったけど、だめでしたー」というポーズをするための
一要素である「だめでしたー」が、絶対受け入れられないモノだったんだろうと思う。
私は、彼が数日前発した「職を賭してこの問題に取り組む」といった意味はここに
あったのではと思う。

「だめでしたー」にしないためのベストを考えたら、今最悪の
タイミングであっても、無責任といわれようと、なんとののしられようと、
「今やめる。」ことが必要だった。だからそうした。


立派じゃないか。
私はそれこそ責任ある行動なのではと思う。


今回の彼の行動を無責任だとかいう人がいる(多い)が、そういう人に聞きたい。

 ・彼がここであなたのいう「責任」を守ることが国益にかなうのか?
 ・彼がここであなたのいう「責任」を守らないことが国益を著しく損なうのか?

私にはそういう風には見えない。
ただ、「突然やめる=無責任」という良くある公式に
当てはめているだけに思える。

 #無論、そうではない人もいるかとは思うが、

今回、私がこのような考えに至ったのは、
自分のある経験が大きく影響している。

2年前のアメリカでの職場のことだ。
当時このブログにも書いたが、
あるシステム開発がどうしようもない状況になっていた。
 
 ・作ったシステムは動かない
 ・やっと動かしてもテストはことごとくFAIL
 ・直したという報告を受けて再試験してもことごとくFAIL
 ・繰り返し・・
 
そんな状況下で一番ボトルネックになっている部分の担当者が
2週間のバケーションに出かけてしまったのだ。

そのとき私の頭に浮かんだのは、・・・ 
いや、なにも浮かばないぐらい唖然としたけどね。
まあ、「無責任」という言葉である。

しかし、結果はびっくり。

そいつがバケーションに出かけたことで事態は急に進みだしたのだ。
手前味噌ながら、私がそいつのやってたところを急遽引き受けることになり、
たまった問題をバリバリと処理していったので、「どうしようもない状態」は
1週間ほどで解決してしまったのだ。

そいつは確かに無責任だったかもしれないが、
そいつが南の島にバケーションに出かけた結果として
「システム開発のどうしようもない問題」は解決したのだ。

自分の自慢がしたいのではない。 (いや。ちょっとはしたい^^)

どうしようもない状況に対する解として、
「放棄&担当交代」って結構有効だということがいいたいのだ。
 
 1.まず、人が変わることで状況は変わる
 2.それに、そういう状態での後任者はある意味
   極めて良い環境に置かれる。

2について、はこういうことだ。


その放棄してバケーションいっちゃったやつは、相当悩んでいたに違いない。
 「こんな状況、どうにもできない・・」
 「私に力がないから、・・」
 「どうしたらいいんだろう・・・・」
 「きっと、この責任をとらされて今期の評価はひどいものだろうなぁ・・・」
 「ああ、核戦争でも起こってくれないか・・・」

まあ、そんな心理状態だと、解決できる問題も解決できないわけで・・


一方、立て直しに入った私の心理状況はどういう風かというと、

 「まあ、これだけひどい状態なんだ。だめもとってことで頼むぜ・・」
 「よし、ここはオレの腕のみせどころだぞ・・」
 「問題解決したら俺はヒーローだな・・・」
 「評価もAは確実だろ・・・」

まあ、こういう状態だと、120%の力が出るもので・・
 
 #日本に帰ってから、逆の立場もやったので、
 #ものすごく皮膚感覚として感じる。

つまり、何がいいたいかというと、こういうケースでは、
「放棄&後続に託す」というのはマクロに見ると非常に有効な
手段になるんだろうなということ。

次に首相になる人は、やりやすいと思うよー。

年金問題やら政治家の金銭面のだらしなさ問題をぜーんぶ
アベさんが抱えて去ってくれるんだから。

そして、その首相が、やりやすい環境のなかで、
存分に腕を振るえば日本はよりいい方向に進むと思う。

今日のアベさんの勇退は、こういう力学を考えてのことだったん
だろうと自分は信じるし、そう信じたい。
彼は、自分の名誉より、理想の実現を優先した。

小泉さんの「自分がヒーローになる」退き方と、
アベさんの「無責任呼ばわりされる」退き方。

巧いのは小泉さんなのは明白だが、本当に国民・国家のために
なるのは、アベさんの退き方なんじゃないかな。。

 まっ、
 ただめんどくさくなっちゃっただけ
 かもしれないけどねーw
 うひひ^^

PS.ちなみに、アベ首相てどんな字だったっけか?

« VirtualCloneDrive | トップページ | BLOGにソースコードを書く方法 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34023/16431493

この記事へのトラックバック一覧です: アベさんの退き方の見方:

« VirtualCloneDrive | トップページ | BLOGにソースコードを書く方法 »

Haruya's Violin

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ