« アクアラインで東京ドイツ村へ | トップページ | ららぽーと大好き »

2009年3月29日 (日)

ハワイ土産と不思議なパフ

今日は私の誕生日。一昨日から実家に帰ってきている。
母と妹が先日ハワイ旅行から帰ってきていたので、家には
お土産のウクレレがあった。

ギターはそこそこ弾けるので、ウクレレにトライしてみた。
初めて知ったのだが、ウクレレはギターの上4弦と
だいたい同じ感じで弾ける。

 #5度ずれてて、かつ4弦が一オクターブ上になってるだけなので、
 #コードとかはギターの上4弦おさえるかんじで一応鳴らせる。

なんとなく、なつかしい曲「不思議なパフ」を弾いてみた。

ウクレレ初心者なので、ウクレレ的にひきやすいように、C majorで
やってみる。

不思議なパフ(中山知子)

ふしぎなパフ かいじゅうだ きれいな海から毎朝おはよう
なかよしジャッキー 島のちびっこ
すぐにかけてきて やぁやぁおはよう

だれも知らないはなれ島 だけども二人はさびしかない
かいじゅうとジャッキー すなはまで
ゆかいにかくれんぼだ まけるものか

今日は何して遊ぼうか そうだ 君の背中にのっけておくれ
なるほどジャッキー おもしろい
大きな船だよ ジャッキーは船長さん

荒波だってへいちゃらだ しぶきあげながら泳いでいく
そのうちジャッキー 虹を見た
海の向こうの町へ 行きたくなった

ごめんねパフ さよなら パフはただひとり なみだポロロン
なかよしジャッキー 別れても
忘れないでよね パフのことを

かわいくて、ちょっと切ない歌詞だ。

ちなみに、この曲。
小学生のとき、学校で音楽の時間に日本語で覚えて、そのあと、
大学生になってから、車のなかで聞いたラジオ英会話で
オリジナルの英語の歌詞に触れた。

だから、英語の歌詞のほうが、頭にはよく残っている。

Puff the magic dragon (Peter, Paul & Mary)

Puff, the magic dragon lived by the sea
And frolicked in the autumn mist in a land called honah lee,
Little jackie paper loved that rascal puff,
And brought him strings and sealing wax and other fancy stuff. oh

Together they would travel on a boat with billowed sail
Jackie kept a lookout perched on puffs gigantic tail,
Noble kings and princes would bow wheneer they came,
Pirate ships would lower their flag when puff roared out his name. oh!

A dragon lives forever but not so little boys
Painted wings and giant rings make way for other toys.
One grey night it happened, jackie paper came no more
And puff that mighty dragon, he ceased his fearless roar.

His head was bent in sorrow, green scales fell like rain,
Puff no longer went to play along the cherry lane.
Without his life-long friend, puff could not be brave,
So puff that mighty dragon sadly slipped into his cave. oh!

Puff, the magic dragon lived by the sea
And frolicked in the autumn mist in a land called honah lee,
Puff, the magic dragon lived by the sea
And frolicked in the autumn mist in a land called honah lee.

その番組は詳しく歌詞を解説するような内容だった。
その時、あまりの歌詞の切なさに涙した思い出がある。

さて、そんなわけで、
ウクレレの練習をしていたのだが、もうすぐ1歳になるはるくんが
(予想通り)目を輝かせて必死に邪魔をしてくる^^

パパが一生懸命コードをどう押さえるか考えたりしながら、練習していると、
はるくんは、足元にやってきて、背伸びして、
一生懸命ウクレレの弦にさわってくるのだ。

弦に触られちゃうと、音がでなくなるので、
パパははるクンが悲しまない程度に、
必死にはるくんの妨害をするw
ちょっとした駆け引きだ。

そんなこんなではるくんと遊びながら
練習をしていると、
ふと、妹がいった。
「おにーちゃん、パフなの?」

。。。
。。。
。。。


そうか。。
僕がパフなのかもなぁ。
はるくんがリトルjacky paperで。。


今、目を輝かせて楽器の邪魔したりして、
おおきなパパと一緒にたのしく遊んでいるはるクンも、
いずれは大きくなってパパなんかのことは忘れて、
彼の友達や恋人とかと彼の世界をつくってゆく。

そのとき、パパは、
おおきくなって自立したはるクンのことを嬉しく思いながらも、
さびしくて涙を流すのかなぁ・・

 ・・ (ちょっと涙)・・

おおきくなったら自立もしてほしいけど、
パパともときどき遊んでね! 
まだまだ、
ちいさなはるくん^^


以上、そういうわけで、僕にとってのこの曲は
「パパとはるくんの歌」
になったわけです。

ということで、僕のテーマ曲ということで、
もっとこの歌を練習したくなりました。


余談ですが、オリジナル的には、こんな歴史がある曲なのね
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%95
 #うーん^^ 高木ブーか・・

参考:
http://ch03515.kitaguni.tv/e24204.html
http://blog.livedoor.jp/teacher_yukiyuki/archives/24385552.html
http://blog.livedoor.jp/haxahuxu/archives/677989.html

コード(ウクレレアレンジ by わたし)
---------------------------
(C) Puff the magic (Em) dragon  (F) lived by the (C) sea, and
(F) Frolicked in the (C) autumn (Am) mist in a (D7) land called honah (G7) lee
(C) Little jackie (Em) paper  (F) loved that rascal (C) puff, and
(F) brought him strings and (C) sealing (Am) wax and (D7) other (G7) fancy (C)stuff. (G7)oh

※ あとは、繰り返し
※ オリジナルは(聞いたこと無いけど) Bフラット major だったきがします。

« アクアラインで東京ドイツ村へ | トップページ | ららぽーと大好き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おたおめーっ!!!
来月あたり襲撃をかけるぞー。どっかつれてってー!!!

この曲、知りませんでした。
さわやかですてきな曲ですね。

もし良かったら、コード教えてもらえるとうれしいです。。。

reirei>来月あたり襲撃をかけるぞー。どっかつれてってー!!!

よし! 迎え撃ったる!!
はよかえってこい~^^

maroさん>もし良かったら、コード教えてもらえるとうれしいです。。。

コード追記しますね(^v^)

うわー
どうもありがとうございます!
練習させてもらいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34023/44499818

この記事へのトラックバック一覧です: ハワイ土産と不思議なパフ:

« アクアラインで東京ドイツ村へ | トップページ | ららぽーと大好き »

Haruya's Violin

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ