« 歩いた! | トップページ | 泉北ニュータウンのパンジョ »

2009年4月29日 (水)

大阪2009春の陣 - 出発

連休だ。 
ゴールデンウィークだ。

今年は、前半は妻の実家のある大阪(郊外)に帰省し、
後半はとりあえずテキトーに過ごすという計画である。

麻生首相の1000円高速の恩恵を最大に活かすべく車での帰省だ。
お金がないともいう。

前回の2009正月の帰省は、高速代がもったいないので、
国道1号と23号と25号を乗り継ぐ形で、
ほとんど高速道路にお金をかけない帰省スタイルだった。

0歳児の晴くんを乗せて10時間を越えるドライブは、
まあ一般的に言えば「親失格」系だったわけだが、
今回はそうはならないはずだ。

1000円高速での連休ということで渋滞の心配はあるが、
事前に調べた結果、5月2日は恐ろしいことになる可能性が高いが
今日は結構いけそうな感じ。(本当かどうかしらないけれど)

ということで、
11時に横浜は東戸塚の我が家を出発。
環状2号線から保土ヶ谷バイパスに乗る。

新桜ヶ丘インターの信号待ちのとき、
「あ、そういや保土ヶ谷バイパスが渋滞してたらどうしよう」
「いきなりテンション下がるかも・・」
なんて心配がよぎったが、杞憂であった。
保土ヶ谷バイパスは超順調。

横浜町田インターで東名に乗り換える。
と、そのとき、こんなサインが。
「東名下り厚木まで7Km渋滞、通過に10分」

うぁ。やっぱりか。
東名に入ると、車がつまっていた。

ただ、流れはあり、ときどき30km台まで減速せねばならない
こともあったっが、概ね60kmぐらいでその混雑は通過できた。
だてに「通過に10分」ではなかったわけだ。

その後は快調にすすみ、海老名SAをやりすごして、
足柄SAで第1の休憩。
富士宮やきそばをいただく。
「めざましTV」を名乗る人々からマイクを向けられたが、
妻が「すみません」と逃げたため、僕も追随。

次に浜名湖SAまで快調に進み、
少し遅めのお昼ごはん。
浜名湖を眺められる近鉄のレストランで
「うな茶セット」とかいうものをいただいた。

浜松は我が家では大阪までの中間地点として
位置づけていて、いつも大きめの休憩をして
うなぎなぞを頂くようにしている。
数年前、浜松で観光ポータルサイトの
仕事をさせてもらったことがあり、その恩返し的な気持ちもある。

そのまま高速を進み、伊勢湾岸道にはいる。
今回の1000円高速制度は大都市のまわりは
1000円上限の例外となる。このあたりは
バリバリ名古屋の都市圏にあるが、
事前に調べた情報によれば、
この区間も1000円区間のはずだ。
(首都圏と大阪圏だけが例外)

その後、東名阪に入り、
御在所SAで3回目の休憩をとり、
亀山ICで高速道路を降りる。

ETCの機械が
「ポーン、1350円利用しました」とアナウンス。

先日アクアラインにのったときに経験ずみではあったが、
思わずガッツポーズ+車内は「やっほー」と歓声が上がる。
平均燃費も20.7kmに達しており、
非常に気分がいい。

ここからは、国道25号線、名阪国道とよばれる
一般道路だが、保土ヶ谷バイパス同様、
昔から無料の自動車専用道で、高速同様に走れる場所だ。

山の中なので、平均燃費成績が下がっていってしまうのだが、
まあ、しょうがない。

天理ICで、名阪国道は、そのまま有料の
西名阪という高速道路になる。

ここからはまたお金がかかってしまうがしょうがない。
藤井寺ICで降りるまで600円。

トータル、1350円+600円の2000円弱で
これましたよ。

時刻は6:10。
日は暮れ始めてはいるものの、
まだ明るいうちに大阪につけた。

トータル燃費成績は20.3km/l
横浜からの走行距離は489km

燃費至上主義で80~100km/hでの走行だったので、
かかった時間は休憩(1時間40分ぐらい)を入れて約7時間ちょっと。

襲われた睡魔は、中程度のもの1回のみ。

ベビーカーを押して歩きたい盛りの1歳児を連れてなので、
どうしても休憩に時間がかかってしまったが、
逆にこのぐらいの休憩は睡魔退治のためにも
丁度良かったのかもしれない。

いやはや。
高速道路は偉大だ。

このくらいの時間と労力で来れるのであれば、
年に2回といわず、もうすこし頻繁に大阪にも
来れるような気がする。

« 歩いた! | トップページ | 泉北ニュータウンのパンジョ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34023/44878912

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪2009春の陣 - 出発:

« 歩いた! | トップページ | 泉北ニュータウンのパンジョ »

Haruya's Violin

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ