« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の5件の記事

2009年7月26日 (日)

境川遊水池公園と相州春日神社

F1000232はる君の水遊び可能場所をネットでしらべていて、何気なく見つけた境川遊水池公園なるところにいってみた。出発したのが4時過ぎで、着いたら閉まっていたっていうオチになるのではと、ひやひやしながらの道中だった。

が着いてみると、ちょうどいよい按配だった。

ひととおり、1時間ほど遊んだあと、帰路についたわけだが、
途中でたまたま横を通った、相州春日神社で祭りをやっていたので立ち寄った。

境内で、太鼓の音を楽しみつつ、スーパーボールすくいと、ヨーヨーすくいをやり、
外に出て、やきとりとお好み焼きをいただいた。

気持ち良い夏の夕暮れだった。

2009年7月25日 (土)

田谷の洞窟

F1000228ウチから車で20~30分ぐらいのところにある「田谷の洞窟」なるところに、何気なくよってみた。

最初は、たいしたことないんじゃないかと思っていたが、入ってみるとなかなか見ごたえのある面白いところだった。



F1000227

2009年7月11日 (土)

Dragon Quest 9

本日は7月11日土曜日

昨日は疲れはてて口をあけて寝ていたのだろうか。
朝起きたら、のどがはれていたので、
まずKちゃんと晴くんとオーロラモールの耳鼻咽喉科にいった。

そしてダイエーの4Fでランチにタイカレーとケンタッキーのチキンを食べ、
帰りにファミリーマートにたち寄った。

そう。ドラクエ9を買うためだ。

店の脇の車が余り通らない坂道に車をとめ、エンジンを切りドアをしめる。
息子が眠ってしまったので、妻と一緒に車の中でまっていていてもらうこととなった。

ドアのカギをロックするかどうか一瞬迷った。
盗難防止装置がついているので、中にいる妻や息子がドアを開けると
けたたましい警報が鳴ってしまうので少々不安があるのだ。
しかし妻や息子に万一のことがあってはならないと思いロックをかけた。
無論、車内が暑くならないよう、窓を少しあけた状態で。

「おやつ、買ってきてよ。甘いのと辛いのね」

少しあいた窓のすきまから、妻からの注文も受けて、ファミマに向かう坂を上る。

店に入ると、軽いサプライズがあった
店内にドラクエのオープニングのファンファーレが流れていたのだ。

「おっ、いかした演出だねぇ」

思わず心のなかでつぶやいた。
そして予め準備してあった予約票を片手に、
まずは妻の注文であるところの「おやつ」を物色する。

チョコアイスと、ポテトチップと・・
・・残念。Kちゃんの好きなヤマヨシのポテチは売ってないなぁ
 コンソメ味でいっかな・・ 

そんな感じでドラクエへの期待を膨らませつつ、「おやつ」を選びながら
何気なくファンファーレを聴いていたら、驚いたことが自分に起こった。
丁度、音楽が2ループ目に入った中盤のあたりでのことだ。
なんと、不思議な感動がこみ上げてきたのだ。

・・・

思えば、ドラクエ1を友達に借りてはじめて遊んだのは中学1年生のときだった。

頭が悪くて、ひとりではろくに遊ぶこともできず、
友達から最強キャラパスワード(ふっかつのじゅもん)
を聞いてそれでクリアしたっけ・・

 「えきでけう、うぞねざだげろ
  ぎすだふま、れろり」 レベル30 なまゆき まだ覚えてるよ・・

そして、週間ジャンプの付録記事でドラクエ2への期待を膨らませていたころのこと。
やっとの思いで手に入れたドラクエ3が、幽霊船のところまでいったところで
(おそらく母親のやっている自宅英語塾の生徒に)盗まれてしまって最初からやり直したこと。
高校の友達と池袋西武に徹夜で並んで手に入れたドラクエ4。
大学生のころに何度も遊んだドラクエ5。
初めて付き合った女の子と遊んだドラクエ6。
会社に入って先輩と「どこまでいった?」なんて話をしたドラクエ7.
マンハッタンに住んでいたとき、今となっては甥っ子になったY君(妻の妹の息子)が
手土産にもってきてくれたドラクエ8。

ドラクエ9を買う瞬間を目前に、35才になった自分がいまここにいる。
23年前、ドラクエ1の頃はまだ子供だった僕が、
すこしずつ大人になり、
9を買う今、家や車や「守るべき家族」いうものまで持つようになっている。

ドラクエのファンファーレがなんだか

 「よく、ここまできたな」
 「まだまだ道のりは険しいが、がんばれよ」

的に聞こえたんだろう。
ちょっと涙をこらえなくてはならなかった(w)

ドラクエ3的に言えば、1500ゴールドもするような
「はがねのつるぎ」を購入し、カンダタを倒して
ポルトガの王様に船をもらったような感じだろうか。

ドラクエ5的にいえば、まあ、こっちは分かりやすく
ビアンカと結婚してグランバニアに着いた感じか。

そういう場面で何度も聞いてきたあのファンファーレが、
僕自身の物語の中で、
ドラクエ9を手に入れようとするまさにこの瞬間、
横浜は東戸塚のファミリーマートで鳴っているのだ。

そういうわけで、不覚にも感動してしまったのだ。

さあ、DSも充電してあるし、
これからパッケージをあけて、遊ぶぞ~♪^^

追記:
http://akio.way-nifty.com/ja/2005/01/post_5.html
実は自分・・ 5年近く前から9には期待してたらしい。

2009年7月 5日 (日)

伊豆旅行(2日目)

大室山
F1000207大室山にリフトでのぼって外輪山を一周まわった。

はるくんもがんばって結構自分の足で歩いた。その姿のかわいいこと、かわいいこと。結構まわりの方からも、「がんばれー」みたいに応援されちゃったりして、人気者になってた。


ぼくの夏休み2
旅行の数ヶ月前、何気なく「ぼくの夏休み2」というゲームをやってた。
この近くの「富戸」のどこかモデルとなったということを知っていたので、
スパゲッティ屋さんで食事をとったあと、その場所を探しつつ帰途につくことにした。

富戸の駅から結構南のところから北上する形で、
できるだけ海岸線の道をとおりながら進んだのだが、行けども行けども
それらしきところは見つからなかった。

だいぶいったところで、似たような風景の場所があったのだが、
事前にネットで調べていた「バッチリな場所」にはたどり着かず。。

(帰宅後にネットで再度しらべたら、出発地点が、ちょっとだけ北すぎたらしい。)


大磯の海水浴場
真鶴あたりでの渋滞(旧道をつかって結構かわせた)を経て、西湘バイパスで
自宅に向かう。 大磯で、渋滞につかまる直前に西湘バイパスを降り、
アドリブ的にビーチによることにした。

風が強くて、ほとんど「楽しむ」感じではなかったけれど、
「はるくんと海」という組み合わせを初めてママに見せられて良かった。

2009年7月 4日 (土)

伊豆旅行(1日目)

レンタカーのステップワゴンを借りて、みんなで伊豆旅行にいった。


伊豆バイオパーク
動物好きの妻の意向でまずはバイオパークにいった。
キリンに餌をあげたり、アルマジロをつかんで持ち上げてみたり、
なかなか面白い経験ができた。


夜、城ヶ崎海岸の駅近くのうなぎやさんで、ご飯を食べているとき、
急用で今回の旅行に途中参加となってしまった妹と落ち合うことができた。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

Haruya's Violin

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ