« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の6件の記事

2009年9月30日 (水)

高速道路無料化反対論への反論

先日書いたように、私は高速道路無料化大賛成である。

反対派の主張の中に以下のようなものがあるが、テレビの中の賛成派(主に民主党議員)が上手く反論できていないのがもどかしい。(ブロゴスフィアでは立派な反論を多々みかけるけど^^)

1.無料化は受益者負担の原則をくずす 
「高速を使う車は全体のなかの非常に限られた一部。
そこだけを優遇するのはおかしい!」という論だ。
これに対して、「いままで2重取りだったのがおかしいのです」という反論をよく聞く。
前の書き込みで「すばらしい」と書いた以下サイトの山崎氏も、いつもそう反論しているようだ。
http://www.yamazaki-online.jp/kaisoron/
正論だと思うが、ちょっと原理が難しいので、一般人の心に響いているかというと、個人的には疑問符を感じている。

もっと簡単に以下のように言ったほうが一般国民の心に響きやすいのではないだろうか。


今までお金がもったいないから高速に乗っていなかった人
(結構そういう人多いでしょ!)は、
今までは受益者でなかったが、無料化になれば受益者になる。
みんなを受益者にするが無料化の肝であり、
「一部の人を優遇する」という論はまったく的外れだ!

まあ、これだけだと、家の近くに高速がない人や車に乗らない人には説得力ないかもしれないけどね。でもそうだとしても、彼らに対しては、物流コストや経済効果云々の話をもってくるのが一番分かりやすい。なぜ2重取りの話ばっかりするのか。。恐らく、多くの国民は2重取り云々いわれても、多分ピンとこないと思うのだ。
   
2.CO2削減の目標と相反する
いわゆる「CO2減らすっていいながら、高速無料化してどうするわけ?矛盾してね?」っていう論だ。
この論に対する反駁として、藤井さんが、就任時にガソリンの価格弾力性の小ささに言及して、「大きな問題にならない」という反駁をしていたが、その後、この論はあまり聞こえてこない。(気がする)

参考:
http://esquire.air-nifty.com/blog/2009/09/post-c94e.html

確かに、一般国民に対する分かりやすさという意味で、僕は価格弾力性だけでは弱いと感じている。というか、価格弾力性の話を聞いても、(僕も含め)「ほんまかいな?」「(弾力性)小さくても、ゼロじゃないじゃん」思うわけで、(経済学を勉強したことのない、またはもう忘れちゃってる、またはそんなものハナから信じてない)大多数の一般人に対して、もうちょっと分かりやすい反駁を表に出すべきと思う。

ここは、どうせハンパなことじゃ25%削減なんか出来ないんだから、
「次世代自動車(電気・水素)の普及に全力を注ぐ」
といっちゃっちゃダメかな?

 (前述サイト、快走論の山崎さんの論を借りてます)

 ・SA/PAへの水素ステーション設置
 ・次世代自動車への助成金
 ・ガソリン税の大幅値上げ

だって、こういう話には夢もあるじゃん。日本の自動車産業の技術力を一気に強くできる。自動車王国日本もインドや中国の激安車登場などで必ずしも前途洋々というわけではないわけで、自動車産業までやられちゃ日本沈没しそうだっていうムードもある。だからこそ、「打って出る」。25%削減って行っちゃった時点で背水の陣なわけでもあるし、「打って出る」系の話は、今支持を得られやすいムードにあると思うのだ。

上記3つ目の「ガソリン税の大幅値上げ」は、暫定税率廃止とかいっている時点で、一見矛盾に見えるのだが、暫定税率の問題は「暫定っていいながら、恒久化していること」にこそあるわけで、個人的には、ガソリン増税は、やっちゃえ、やっちゃえと思ってる。

 #そのほうが、エコ運転のしがいがあるし~
 #それに、ウチ、ハイブリッド車だし~

というか、ちゃんと真面目に、以下のように言えば良いんじゃないの?と思う。
 ・景気がやばい今だけ暫定税率廃止で経済を潤す。が、
 ・景気が戻ったら、環境負荷税として、今と同程度(またはそれ以上)課税する。
 ・CO2は環境負荷税でコントロールできる。
実際、民主党、そう考えてるよね?そのまま言えばいいじゃんと思う。

参考:
http://ajimura.blog39.fc2.com/blog-entry-783.html

3.公共交通がダメージを受ける
フェリーだJRだ飛行機だ・・が、「民業圧迫だ」なんて文句を言うのが時々聞こえるが、そこに対する反論は「ちゃんと配慮する」じゃないだろといいたい。正直、税金で過剰な「配慮」はしないでほしい。

公共交通の企業は、「地域的独占」を許された特別な企業なわけで、完全な「民」ではない。だからこそ、制度上国土交通省の強い管理下に置かれている。この主旨に則れば、公共交通を担う企業は、国民の選んだ政治・政策が「国家の交通のあり方を変える」といっているのであれば、それに静かに従うべきだ。その見返りに「独占による安定」を手にしているのだから

橋が出来れば渡しは廃れ、鉄砲が広まれば刀鍛冶は職業換えしなくてはならない。これは歴史の必然である。ITなど変化の早い業界は、市場ニーズ変化にあわせて「商売替え」含めた劇的な業務見直し(現場にはしばしば痛みを伴う)を日常茶飯事のようにやっている。公共交通を担う企業だって、必死にこの時代の流れについてゆくべく「商売替え」含めた努力をすべきだ。

「急に言われても困る・・」というかもしれないが、「甘えるな」といいたい。そもそも、「高速道路がいつか無料化される」というのは、もともとそういうはずだったのだし、民主党は2003年から無料化をマニフェストにしており、政権交代の気配は数年前からあったのだ。今回の政策を予め予想して対策を立てておくのが企業経営というものであるはずだろう。時代を読めずに変化できなかった企業が痛手を負うのは、他業種では当たり前の話だ

以上、なんだか、民主党議員のもどかしい反論に最近ちょっとイラついているため、ここに書いてみた。
ホント、「ちゃんと無料化やってくれよ・・」と思う。

2009年9月26日 (土)

はるくん語(2009.9)

最近、はるくんがしゃべれるようになりつつある。
といっても、パパとか、ママとかその程度だけど。

かわいいので、ここに記しておきたい。


ないない、だぁ!(いないいない、ばぁ!)
いわゆる「いないいない・・ばぁ!」 というやつ、
「だぁ!」になる点を除き、結構いえてる。

教育テレビの番組「いないいないばぁ」(最大のお気に入り)のオープニングテーマをうたってやると、「ばぁ!」のところで、うれしそうに一緒に「だぁ!」といいながらにこにこする。
 

あーあ、ちった。 (あーあ、いっちゃった)
電車がいっちゃったときとか、そういうときに、上手なイントネーションでこれをいう。
これが今のところ一番日本語としての完成度が高い。
「残念がる子」というのが情操教育上よい方向性とは思えないが、いろんな局面で彼は「残念がる」意志表示をできるようになってしまっている。

ぷるっぷー。(ぶっぶー)
ミニカーを動かしながらこれをいう。
唇を震わせて、ぷぷぷぷぷぷ という子どもがよくやる遊びがあるが、
あれに近い発声となる。

たん、とん (がたん、ごとん)
ぷらレールの電車を動かしながら、これをいう。
まずは、上記の「ぷるっぷー」を発声するが、周囲が、「がたんごとん」だよと訂正すると、この「たん、とん」に切り替わる。 「ん」が抜けて、「た、と、」になることも多い。

しゅっしゅっ、ポー!! (しゅっしゅ、ポー!)
ぷらレールの蒸気機関車を動かしながら、これをいう。
新幹線やミニカーを動かしていても、これをいうことが多い。
ポー!の部分は、非常に高音(裏声)で、かつあまり気合いを入れず落ち着いて発生する。

その他、
・まま
・ぱぱ
・にゅうにゅう(牛乳)
・わんわん
あたりは言えている。

ちゃんと日本語と対応しているのは、上記ぐらいかな。
それ以外、良く使われる表現としては以下がある。

はしゃ!しゃ! (対応なし)
テーブルの上のもの(携帯電話など)をみつけて、興味をもったときなどに、
興奮して、その物を指差し、上を向いてこちらをキラキラした目で見つめながら
「はしゃ!しゃ!」と不思議な発音をする。 おそらく「取って」に対応していると思われる。


「負の質量」についてなるほどとおもった

シルバーウィークで余裕ができて、久々に日記(このブログ)を書こうとおもっているわけだが、書き始めたら読み始めてしまうもので、過去の日記をどんどん読んでしまった。

この日記から久々にSFづいて、重力遮蔽というキーワードでググって見つけた掲示板サイトで面白い書き込みをみつけた。そんで、なるほどなぁとおもったので、そのことについて書く。

内容は「反重力」についてなんだけど、もし、負の質量っていうものがあったらどうなるかという話。

普通に考えると、負の質量があると、万有引力の方程式に突っ込むと引力がじゃなくて斥力になるので、地上で浮いたり宇宙に向かって飛んで行ったりラピュタ的なことになるんじゃないかと思うわけで、私もそうおもっていたのだが、今回なるほどと思ったのは、

「それでも、やはり浮いたり、ラピュタ的にならなん」

という話。

なぜなら、F=ma であるからだ。すなわち、斥力が働いたとしても、mが負だと、加速度は引っ張られる方向になっちゃう。だから、やっぱり浮かずに地面に落ちるということ。

ピサの斜塔から重いものと軽いものを落としても同時に落ちる話は有名だが、その延長で、質量がマイナスなものを落としてもやっぱり「同時に落ちる」わけだ。(mはキャンセルされちゃう)

 #まあ、これは重力質量と慣性質量が同じという仮定に基づいているわけで、
 #そこが違うのならばそうはならないかもしれないのだが。

「へぇ~、そっかー 」
「負の質量あってもうれしくないじゃん」
「UFOつくるには、負の質量じゃなくて重力遮蔽だなぁ」

と思った次第です。 エンジニアだね。(真理探究より実用重視しちゃう)

負の質量を考えるとき、重力質量(F=GmM/R~2のm)に着目してUFOだラピュタだと夢見てたわけだけど、F=ma のm(慣性質量)に注目するのを忘れちゃってたってことだよね。

しかし、慣性質量が負だとすると、なんだか気持ち悪いなぁと思った。 
だって、押したら逆方向に進むのよ。
押したら手にめり込んじゃう? 怖っ!

やっぱ質量は「ながさ」とか「面積」とかと同様、負の値はないんじゃないかなって気がしてきた。

以上、なるほどとおもったので、記しときます。

2009年9月25日 (金)

自宅サーバ改造(SSD導入)

自宅サーバを改造した。
160GBの3.5インチHDDを取り外し、64GBのSSDに取り換えた。

・消費電力を減らしたい
・騒音を減らしたい
・HDD温度が50度を軽く超えてる状態をなんとかしたい

そんな理由からだ。

ここ数か月家計が厳しく、実をいうと消費電力の問題からサーバを落としてしまっていた。一度サーバを落とすと、わざわざ立ち上げるのも面倒なので電源落としっぱなし。これではただの無駄な箱でしかなくつまらないので、サーバをちゃんと動かせるようにするのが最大の目的だった。

近くのPCデポで

・SSD (¥15,000ぐらい)
・3.5インチベイに2.5インチHDDを
 2つ入れられるホルダー的なもの(5,000円ぐらい)

の2点を購入。OS(Ubuntu9.04-server-i386)をクリーンインストールした。

SSDは書き込み回数に限界があるということで、頻繁な書き込みが起こらないよう、以下ページなどを見ながらいろいろやった。

http://tech.lampetty.net/tech/index.php/archives/299

1.File Systemはext4に
2.スワップ領域はなし
3.noatime (relatimeでもいいとおもったが)
4./tmp はtmpfsに

OSインストール時に、2をするのは少し大変だった。
具体的にはパーティションを切るときに、スワップ用領域を
つくらなければ、そうすることができるのだが、
(1,2,3はぜんぶインストール時のパーティションだね)
まずインストーラ任せお任せ設定にしてから
スワップ用LVMを削除しようとしたら、削除できない旨の
エラーメッセージがでたりしてよくわからなかった。

(インストール時の言語を日本語にしたときは、
 いくらやってもうまくいかず、英語にしたら
 うまくいった。 。。 意味がわからん。。)


もともとファンレスのサーバなので、HDDがなくなることで、
完全無音サーバになり、大満足だ。


また、窒息系ケースのため、CPU温度に引っ張られて
HDD温度が50度を超えてしまっていたのだが、
HDDは50度を超えるととたんに故障率が上がるという
Googleの報告のこともあり、非常に状況改善したかったのだが、
これでその点が解決された(SSDはHDDより熱に強い)のもうれしい。


6月のルータ変更に伴う問題の解決
6月に、これまで使っていたLinksysの無線LANルータがぶっ壊れた。
蓋をあけてみると、コンデンサが吹いてしまっていたため、これを
Buffaloの11nDraft2.0対応タイプに買い換えたのだが、
IPループバック(NATループバック)機能がついていないのが非常に不満だった。

不満なのになぜそれを買ったかというと、11n対応タイプで
IPループバック(NATループバック)機能がついた機種というのを
探すことができなかったからだ。

この機能がないと、自宅内でブラウザで自宅サーバを見ようと思ったとき、DNSで名前解決されたグローバルIPを探しに行くのだが、そこでNAPT設定していてもそれが利かずにルータの設定画面が出てしまうのだ。

一般的な解決方法として、クライアントのetc/hostsに書いとけってのがあるが、
サブドメイン切りまくったりしたいし、クライアントマシンもPS3とかWiiを入れると5-6台あるし正直やってられん。

内向けDNSを立てるというのもあるが、これまでは消費電力等の問題で、
自宅サーバを止めてしまっていたので、それもできずにいた。
(自宅サーバが止まってれば、それを見たいとも思わないのだけどw)

今回、自宅サーバが低電力、完全無音サーバになったので、これを機にDNSを立ててみた。

やったこと:

・bind9の設定
・DHCPの設定

内向けbind9の設定自体は、何度もやったことがあるので、さくっとやってしまったが、
DNSを立てる以上、DHCPでノートPCにIP配るときに、あわせてDNSはココよと教えてあげなくては意味がない。私の実家や妻の実家などにももってゆく、クライアント(ノートPC)に静的にDNSの設定をするのは絶対にいやだった。

最初Buffaloルータの設定の中でこれをやる場所が見つからずに焦ったが、よく見たらちゃんと設定できることがわかった。

優先DNSに自宅サーバ(192.168.1.2)
代替DNSにゲートウェイ(192.168.1.1)

ということで、DHCPで配ってもらうように設定した。

自宅サーバが落ちているときは、自宅LAN上の名前解決には失敗するものの、
普通のWebブラウズなどはちゃんとできるようにするためだ。

設定画面中、優先DNS、代替DNSという言葉ではなく、プライマリ、セカンダリという
言葉で書いてあったが、あれは正確な用語ではないと思った。
(プライマリ/セカンダリはサーバ側の冗長化構成のための用語であって、
 クライアント側としての優先度を示す用語とは本来区別すべき。)
まあ、動きゃいいので、いいですけどね。

あとは、shimono.net, shimono.asiaの運用見直しをどう実現するかだな。。

*.forton.shimono.net で自宅環境をポイントし、その他の
*.shimono.net でさくらインターネットを指すよう、value-domainで設定せねばだ。

そんでもって、設定情報を忘れぬよう、自宅Wikiに記述・・と
あー、めんどくちゃい。

2009年9月23日 (水)

2009大阪秋の陣

シルバーウィーク。
妻の実家のある大阪は河内長野市にいってきた。

行きは東名高速の渋滞を避けるべく、中央道経由だ。

途中駒ケ岳SAで第1回目の休憩をとった。昨年、千畳敷カール旅行の際たべそこねたソースかつ丼なるものをいただいた。めちゃめちゃうまくてびっくりした。普通のソースじゃなくて、淡く上品な味のソースであることがポイントだとおもった。

その後、名古屋の町をとおって、東名阪道は御在所SAでお土産の赤福を買い、はるくんのおむつ替えのために、次の亀山PAでも小休憩をとり、いつもの名阪・西名阪経由で到着は10:30ごろとなった。

出発が1:30ごろだったので、結構時間はかかってしまった。
渋滞は結構うまいこと避けたのだが、やはり中央道は遠回りだった。

大阪でははじめ、はるくんが到着するや大泣きして、妻方のご家族を
少々悲しませてしまったが、家のすぐ隣を走る南海高野線をみて、
すぐに笑顔をもどしてくれた。

次の日、大阪滞在1日目は、お墓参り、公園、西友での買い物、
すがきやをめぐる散歩をした。

その後でわがままを言って入ったPsycheなる洋食屋さんでたべた
ミートソーススパゲッティが結構うまくて幸せだった。

2日目は、妻の妹のIちゃんと一緒に、
堺市にあるハーベストの丘なるところに行った。
出発前にあらかじめ予習をして置いた場所だ。

予想どおりのなかなか素晴らしい場所で楽しく過ごせた。

3日目は、妻のお母さんと一緒に富田林の寺内町なる
古い街並みを散歩した。一休みにいただいた、
カモそばと葛きり、それと、「もちまろ」だったかな?
そんな名前のオリジナル和菓子がおいしかった。

4日目、帰宅の日。
別れを惜しみつつ昼ごろまでごろごろゆっくりして、2:15ごろ出発。

何を思ったか、外環状線を藤井寺(西名阪の入口)までいくのが面倒に感じて、途中で高速に乗ってみた。いつもと違った道で帰るのも一興かと思ったからだ。

大阪の街の中をとおり、京滋バイパス・名神高速なんかを通って、名古屋に出るルートをとった。少々遠回りにはなったが、ほとんど渋滞につかまらず、9:45ごろには家に帰ってこれた。燃費はちょうど19.0km/l。 そこそこ飛ばして(ときどき120km/h程度も出した)帰ってきたわりにはなかなか好成績だ。 (80km/hぐらいが一番燃費がいい。)

行きも帰りも渋滞回避のためにだいぶ神経を使ったが、おかげで、数キロの渋滞に数回つかまったものの、10キロを超えるものはことごとく回避し、ストレスのないドライブができた。

ま、結構運が良かっただけの部分もあったので、今後もこううまくはいくまい。そういうわけで、第二東名はやくできないかなぁ・・^^(&無料化早く~^^)

2009年9月 6日 (日)

高速道路無料化に期待

私は、「高速道路原則無料化」に大賛成である。

先日の選挙では、この部分に賛同するという理由が80%を占める形で、民主党に投票した。
子育て支援も多少うれしいし、自民党にも失望してたが、そんなことは高々投票理由の20%にしかならない。
マニフェスト(の一部)であるこの政策(ビジョン)に賛同したから投票した。

ちなみに私は、今回同様の投票行動を行った大多数の方同様、民主党という党が好きという気持ちはほとんどない。むしろ、「反対のための反対ばかりしている馬鹿なやつら」ぐらいにしか思っていなかった。(特に鳩山氏。菅直人氏は結構好きだけど。。。でも友愛云々の演説を聞いて鳩山氏を少しだけ見直そうかという気持ちにもなっていた。)

なぜ、私は「高速道路原則無料化」に大賛成なのか。理由は、ほとんど以下サイトが説明してくれている。

http://www.yamazaki-online.jp/kaisoron/index.html

ちなみに、世の中で無料化の是非に関する議論が盛り上がっているが、議論することは結構だが、まず、このサイトを読んでからにしてほしいと個人的には思っている。
(月並みな「反対論」にたいする反駁もQA化されている。反対論をする人は、このサイトに反論してくれないと、その論に興味を持てない。)

要するに、
「国のあり方を変え、日本人が本当に豊かになるための第1歩が、この無料化なのだ」
ということだ。

・渋滞するのがいやだ。だとか、
・不平等だ、だとか、
・環境が云々だとか、

そういうちっちゃい視点での反論が最近目に付くが、
(それが世論を支配して民主党が約束を反故にしまいかという不安が自分にはある。)
そんなことじゃなくて、もっとみんな「豊になる」ことを真剣に
考えようよということがいいたい。

僕も、ここで上記サイトに書かれていることを繰り返してもしょうがないので、
「僕個人の想い」という差分のみを以下に書きたいと思う。

とにかく、私は、渋滞が大嫌いだ。

多くの人から時間を奪い、
精神的に荒ませ、
資源を無駄遣いし、
地球を汚す、
この現象をとにかく減らしたい。

渋滞するから反対という人もいるが、
僕は渋滞が嫌いだからこそ、
貧しい交通網のもたらす不便益を強く意識するからこそ、
無料化には賛成だ。

あ、ここを語りだすと、いくらでも語ってしまって止まらないので、
そこはおいておこう。「豊かさ」の話をしたい。。

僕は、高校生のときに、父の米国駐在があり、そこで
米国の豊かな生活レベルを目の当たりにした。
(そのときは高速道路網と生活レベルのつながりを意識できなかったが)

大学入試のために、ひとりだけ日本に残り、
日米社会基盤を実生活の中で対比し、
圧倒的な劣等感(所属する社会に対する)や人生選択を間違ったのではないかという思い(人生を営む場として、日本を選ばざるをえない自分)に苦しんできた。

これを何とかしたい、日本にもっと良い国になってほしい。
こういう気持ちで大学では社会基盤工学専攻した。


実際、今のままでは、
僕は、人生をかけて働いてお金をかせいでも、おそらく、
米国で見てきたような豊かな生活を実現できるような家には住めないだろう。。

並木の整備された、
住宅地の中の十分に広い生活道路から、
数メートルセットバックされて立ち、
(大容量収納としての)地下室があり、
屋内駐車場に自分の車、ドライブウェイに来客者の車が停められ、
週末に家族でちょっとしたボール遊びなどができる庭のある家。

こんな、「当たり前」であるべきことを実現できている家が、
日本では(普通の人では)本当に手に入らない。(たぶん)

都市景観はまるでどこでも、(欧米基準でいえば)スラム並み(発展途上国レベル)。
土地利用が根本から間違っているのが、現代のこの国の姿だと思っている。


大学で社会基盤工学を専攻し、高名な先生の授業を聞いても、感じられたのは、
 「みんな(有識者は)それはわかってる」
 「でも、かわらない、だれも変えられない」
ということ。

本気で日本を飛び出してやろうと思ってたので、留学も留年もした。
とても人生の選択には迷った。
それで、最後には、就職のときには情報処理系の仕事を選んだ。
でも、僕が人生をかけてやりたいことは何かと問われれば、
「日本を美しい国にする(戻す)こと」であることであり続けると思う。

この仕事を選んだのは、ネットやITの力で、例えば仮想現実(3Dゲーム等)などがもたらしうる日本人の美意識喚起や、情報流通がもたらす物流削減・一極集中回避など、そういうもので貢献できることのほうが
社会基盤の分野で自分ができることよりも大きいという個人的結論によるところも大きい。

んで、そういう僕なので、
山崎さんの快走論を読んだら、「これだ!」とならずにはいられないのだ。
(数年前、日系ビジネスオンラインでこの人の記事を読んだときから、「いいこというなぁ」と思っていた。)

高校生のときは、米国の豊かな高速道路網と、
豊かな生活レベルの相関に気付くことが出来なかったが、
快走論を読んで、それこに大きな関連があることに気付けた。


この閉塞感漂う日本を変えるには、
国家百年の計、というよりは10年・20年程度のスパンの
「夢が持てるビジョン」が必要であり、
そのビジョンを語っているのは「彼」(山崎氏)であるということ。
(他にもビジョンを語る人はいるだろうが、
 魅力的であるかという意味で、
 僕は彼のもの以外賛同できるものは知らない)

僕は、民主党というよりは「彼」に投票した。
(彼のビジョンを採用する党に投票したということ)

短期的には、局地的渋滞やらCO2増加なんてのもあるだろうけど、
それらは枝葉であり、いずれ解決が可能なものだ
日本が「美しい国」、世界の中で「恥ずかしくない国」になるために。
我々日本人が「豊かな」生活を送れるようになるために、
本当にその第一歩が「高速道路(原則)無料化だと思う」

高速無料化実現の暁には、
僕も、山梨か南千葉かどこかに300m2 ぐらいの敷地をかって
一度はあきらめかけた「ふつうの家」(米国的基準での)を建てて
そこを終の棲家としたいところだ。

・今の住まいを選んだ基準
http://akio.way-nifty.com/ja/2005/04/post_9616.html
 →僕は、狭い一戸建てに住むことは景観汚しに加担することだと思っていて、
  それで集合住宅を選んだところがある。

・今の車を選んだ基準
http://akio.way-nifty.com/ja/2005/12/post_6573.html
 →渋滞も嫌いだが、同時に、赤信号も嫌いであることを、強く意識している。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

Haruya's Violin

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ