« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の2件の記事

2009年12月24日 (木)

住宅ローン借換

住宅ローンを借り換えた。

自分は、

・2006年3月入居
・3400万円、
・35年、当初2年固定、
・全期間1.0%金利優遇
・三菱東京UFJ(当時はUFJ)

というローンをこれまで3年半強、借りていたわけだが、
近年の金利優遇幅拡大で
実はなんだか悔しい感じがしていた。

ここ最近、銀行のホームページで
新規契約のお客様1.2%優遇とか
1.4%優遇といった広告が踊っているからだ。

無条件の金利優遇というものへの疑問

ちなみに、あんな堂々と誰にでも無条件で金利優遇するんだったら、
店頭金利ってなんなんだよって思う。

ものを売る時、定価を釣り上げてその分を割り引いて
「割引」とかいったりするのって、確か不当行為だったと思うんだけど、
http://www.jftc.go.jp/keihyo/nijukakaku.html
それと本質的には何が違うんだ?

銀行がもし、年々店頭金利釣り上げつつ
金利優遇幅を増やすっていうことをやったとしたら、
変動でお金借りてる人は死ねるよね。。

極端な話として、
10年後に店頭金利10% 優遇9%
20年後に店頭金利20% 優遇19%
なんて風にすれば、新たにローンを借りる人は
実質1%で借りれるので、銀行は誘客には困らないが、
我々変動金利で借りてる人からは相当むしり取れることとなる。

まあ、短期プライムレート連動っていってるので
そういう風にはならないんだとは思うけど、
やっぱり無条件金利優遇っていうものは、極論すれば
こういう詐欺っぽい世界を作れるように見えるわけで、
(少なくとも素人である僕には)どうよって思えてしまう。。


それはそれとして借り換え!

以上、青年の主張的な話でそれはそれでよいのだが、
やっぱ、みんなが1.2%, 1.4%優遇とかで借りてるのに
僕だけ1.0%優遇じゃたまらんので、やっぱり借り換えなのだ。

実はこれまでにも、2008年に2年の当初固定期間が切れたときだったか、
借り換えを考えたこともあった。
だが、そのときは優遇幅もぱっとみ1.2%ぐらいにしかならなそうだし、
手数料云々もあるし何より面倒だったので放置していた。

今回、たまたま会社の昼休みに、みずほ銀行の出張ローン相談会
的なものをみつけて話をきいたところ、1.4か1.5いけるという話
がきけたので行動を起こすこととなった。

結局、1.5%の優遇となったので、毎月の支払いで1万円と少し、
年間で15万円、31年仮に金利がかわらなければ450万円という
ことになるのかな?(繰り上げ返済をすると、この額は減るが)
ともかく支払いを減らすことができることとなった。

経費の面では84万円(うち保証料60万)ほどかかり、
UFJから48万円保証料が戻ってきたので、差し引きで
借り換えにかかった費用は35万円ほど。

司法書士

ちなみに、この部分の圧縮も結構がんばってみた。
司法書士へ払う額としてみずほ銀行の指定司法書士を使うと
18万ちょっとということで見積をもらったのだが、
ここは別に彼らの指定の司法書士でなくてもよいということだったので、
ケチれまいかと、Webでみつけた司法書士事務所3か所に
相見積もりを出してもらった。

結果、横浜東白楽の田丸事務所というところがトータル17万とちょっとで
引き受けてくれて1万円強を浮かすことができた。
17万のうち14万ぐらいは結局法務局に税金的に払うお金でディスカウント
しようがないので、1万円でも圧縮できて満足できました。

いよいよ借換

借り換えの実効日は12月24日となった。

そして、その日、クリスマスプレゼント的なイベントとして、
3116万円が僕の三菱UFJとみずほの銀行口座を駆け抜けることとなった。
(新たな貸し手であるみずほの口座に、みずほから3116万円入金となり、
 それがその瞬間、三菱UFJの口座に振り込まれる。
 そして、UFJ側では振り込まれたとたんに全額返済に充てられる。)

小市民である僕的には、おおーっという額なので、
通帳を見るのを楽しみにしていたが、実際は、記帳された数字をみると
普段見る額から桁1つ2つ増えているだけなので、意外とインパクト
が少なかったのが実は驚きだった。

確かに、普段コンビニで140円のコーヒーを買うかどうか迷っているような私なので、
3116万ってのは、ビビってしまってイメージできない世界であるため、
それで天文学的数字をイメージしてしまっていた。

しかし、むろん、それは間違いであって、
理系の世界のアボガドロ数だとか、光の速さがうんぬんだとかで
みる「本当の天文学的な数字」ってのの巨大さは、
それどころじゃないんだなぁということですな。

勉強になった!

2009年12月14日 (月)

自動車ローン完済!

冬のボーナスが出たので、自動車ローンを完済した。

残っていたのは67万円ぐらい。

財形貯蓄を45万円切り崩して、
そこにボーナスから22万万円を充てて、
がつんと一発ホンダファイナンスさんに振り込んだよ。

いやぁ・・ 
これまで毎月2万円ちょっとの+ボーナス時14万円ぐらいの支払い・・・
実際のところつらかった。

家買ってからすぐ、住宅ローンが始まる前の買い物だったので、
車のローンなんて住宅に比べれば額も小さいし、
借りるまでは「なんとかなるっしょ!」ぐらいの勢いだった。

でも、ホント、ここ3年ほどは、毎月

給料<固定費

という状態で、いわば、ファイナルファンタジー的には
”バイオ”くらってる感じで、半年に一度、ボーナスで
ケアルラ!だったりケアルガ!みたいな感じだった。

まあ、ベホイミ!やらベホマ! でもいいんだけどさ。

今回の車のローン完済は、エスナ!かな。
・・いや、住宅ローン残ってるから、ポイゾナ!ぐらいか・・

ローンを返したあと、
ららぽーと横浜の近くにある運輸支局なるとこにいって、
車の所有者を「ホンダファイナンス」から「私」にする手続きをしましたよ。

あの手続き、どうしようもないほどめんどくさいね。
ネットでできるようにしてくれよと思ったけど、
まあ、一連の手続きのあとで手にした、
所有者欄に自分の名前のかかれた車検証は、
やっぱりうれしかった。

まじまじ眺めて、車もまじまじ眺めなおして、
「これで全部ぼくのだぁ!」
とか思ったさ。

めでたしめでたし。

« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »

Haruya's Violin

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ