« はるくん語(2010.07) | トップページ | グアム旅行 - 0日目 »

2010年7月28日 (水)

iPadを買った

iPadを購入した。WiFiの32GBモデルだ。

ただし、世の中の平均的なiPad購入者と比べると、だいぶ冷めた
気持ちでの購入だ。というのは、最近のアップルの閉鎖的囲い込み
戦略には辟易していて、かなりアンチアップル的な気持ちになっているからだ。

買ったきっかけは、昨日会社で一緒に仕事をしているひとの話だった。
すなわち、O'Reillyの本を600円で購入して、それをePub形式で抜き出して
iBookというアプリで見られるという流れを教えてもらったのだが、そこに
ぴんときたのだ。

普段3800円とかで購入している本が600円で買えること。
あの分厚い本を何冊も持ち歩くというのは重くてやってられないことだが、
全部iPadに入れてしまえば、調べたいときにいつでも調べられるようになる。
それには価値があると思ったからだ。

早速、川崎はラゾーナのビックカメラでWiFi64GBの予約を入れたのだが、
入荷まで2週間も待ってられないと考え、価格comで店頭受取可で在庫があるという
店を見つけて、さっさと手に入れてしまった。
  
家に帰ってきて、妻に怒られたりする一通りの儀式を終えて
いろいろ遊んでいたのだが、一番おどろいたのは、2歳の息子の反応だ。

これまでも、パパがいじっているパソコンには興味があって、
椅子によじ登ってきてはパパの真似をしてキーボードをバンバン
たたいたりすることはあった。が、iPadへの興味は次元が違っていた。

アイコンやらなにやら、表示されているものにタッチすると
動くというタッチパネルならではのUIは、2歳児にも直感的に「わかる」し
「おもしろい」と感じられるようだ。「ちょーだい、ちょーだい」と叫びながら
ソファーでくつろぎながらYou Tubeでくだらない動画を見ているパパに
飛び掛ってくるのだ。

いや、ほんとに、飛び掛ってくる。逃げても逃げても。。

肩の上によじ登って頭の上から落下しながら狙ってきたり、
「だめ!パパの!」といえば、泣きながら、「じゅんじゅんばん」
(NHK教育の「じゅんばんばん」を間違って覚えている)といって、
「オレによこせ」といってくる。

パソコンのときは、ここまで「よこせ」とはいわれない。

ここにiPadやらiPhoneやらの力を見た気がした。
「2歳児にもわかる直感的操作」ということだ。

というわけで、なかなか「家でソファーで寛いで使う」という
風にはまだできていないのだが、少しずつこのデバイスを
使いこなしていきたいと思う。

« はるくん語(2010.07) | トップページ | グアム旅行 - 0日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34023/49090558

この記事へのトラックバック一覧です: iPadを買った:

« はるくん語(2010.07) | トップページ | グアム旅行 - 0日目 »

Haruya's Violin

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ