« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の1件の記事

2011年11月 1日 (火)

バイオリンを録音してみた

最近、週末バイオリンを弾くことがおおい。
YouTubeをカラオケに弾くとなかなか気持ちいいことに気づいたからだ。

やっぱりバイオリンって楽器は、独奏というよりは合奏用の楽器なので、
一緒に弾く相手がほしくなるのだが、そんな人はいないというのが悩みである。
一方で、社交的にそういう仲間を探す元気も気力もないので、そういうことを
している。

だが、やっぱり相手がYouTubeだと少しさびしい。
半年ほど前からバイオリンを習い始めた
息子が育つのに期待しつつも、それには十年を超える時間がかかる。
そういうわけで、あまり解にはなっていなのだが、
自分の演奏を録音して自分に自分をあわせることをトライしてみた。

どこかにMTR的なソフトおちてないかなぁ・・とさがして、ゆきついたのが、trakAxPCというソフト。
やっぱり最初は使い方がよくわからなくて鬼面倒だったが、なんとか
以下をつくるまでには至った。

バッハ:2つのバイオリンのための協奏曲 BWV 1043 1楽章
「Bach2vnAkio-1.mp3」をダウンロード
「Bach2vnAkio-2.mp3」をダウンロード
(最大1Mのファイルしかアップできないので前半と後半でわけた)
はい。昔スズキメソードで習ったやつです。

ちゃんと2つのパートを知っていてそこそこ弾けるので、まずはこれです。

どうやって自分と自分を同期するのかで色々試行錯誤した。
最初は電子ピアノ付属のメトロノームとかでやろうとしたんだけど、
気分が盛り上がらないのでNG。

結局、YouTubeから抜いたプロの音源をヘッドフォンで聞きながら、
2トラック分カラオケ録音しました。
まあ、とりあえずの試みということで、
子供の叫び声とかはいっちゃってますが、めんどうなので取り直しとかしてません。

ついでに、オリジナルのプロの音源も、ボリューム(特に高音)絞っていれちゃってます。

実際、録音してみると、色々なことがわかっていい。

 ・解放弦つかいまくり、かっこわるい。
 ・抑揚がない。

以下は、とってるときから認識してたけど、

 ・音程ときどきずれてる
 ・ふつうに途中でまちがえてる。

前述のように、録ってみてはじめてわかることがあって、面白かった。
また、今度の週末にでも録り直してみようと思う。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

Haruya's Violin

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ