« 親子でViolin | トップページ | Violin 肩当なしに挑戦中 »

2012年10月 7日 (日)

1/10 Violin購入

今日は、3連休初日。バイオリンを中心とした一日になった。

まず朝イチでひとり車にのって、川崎は溝の口へ。
洗足音楽大学ジュニアコンクールとやらを見学にいった。

先週、僕の楽器の調整のため、
代官山にあるMUSIC PLAZAという楽器屋さんにはるやといったんだけど、
そこで店の中でちょうど激ウマ小学生的な子が両親と一緒に
(恐らく数十万から百万越えの)楽器を選ぶべく試奏をしていて、
それをみたはるやが「すげーっ」っと思ったのか、しばらく固まってたんだよね。

こういう、おとなじゃない、ちょっと大きなお兄さんお姉さんが、
激烈に上手な演奏をしているのとかって、はるやの練習意欲
アップのいい薬になるはず!

ということで、家に帰ってからそんな話を嫁にしてたら、ジュニア
コンクールを見に行けばいいんじゃないのかというアイディアが浮かんだようで、
たまたまちょうど1週間後に神奈川県内でコンクールがあったので
これはみんなで見に行くべし!という流れになった。


しかし、まあ、出場者の子たちがある種人生かけて頑張ってるところに
いつ騒ぐかわからん未就学児が入るのはNGなわけで、
そういうわけで今年は一人で行った次第。

コンクールってのがどういう雰囲気なのか、
とか、音大ってどんな雰囲気なのかとか、
まあそういうのまったく縁がなかったので、
場の空気が分かったのは大収穫。

小学校低学年、中学年の部、合計15人の演奏をきいてきました。

いやー。。みんな、やっぱすごいね・・
小学生なのにものすごいテクニック&表現力。

あんなのがタダで生演奏で見れちゃうって、
コンクール見学、おいしいです。
もっと張りつめた空気なのかなと想像していたんだけど、
いち観客として普通に演奏会的に楽しめました。

で、その後、代官山に移動し、MUSIC PLAZAで
ぼくの楽器のメンテで預けてからいったん家に帰ることに。

でも、道路の1時間300円のコインパーキングに停めたところだったので、
自分の楽器預けてすぐ帰るのがなんかもったいなくて、ついでなので、
売り物の楽器を試奏させてもらった。

・イタリアの120万円ぐらいの新作、
・ドイツの100万弱の新作、
・アメリカ?のJay Haideっていう80万ぐらいのやつ。

上記が混ざった合計6本程度を出してもらって、いろいろ弾き比べをしてみた。
こんなの買うお金、いまのとこ、どこにもないんだけどさw^^

最初値段を聞かずに「生涯の一本を探している」的な要件で
とりあえずいろいろ並べてもらって引き比べた結果、
僕的に一番いいとおもえたのは、80万のやつで、
一番何がいいのかわからんだったのが、120万のやつだった!

しかも、お店の人には申し訳なかったけど結論的には、
「今の楽器(30万程度)のほうが好き。」ということになってしまった。

なんだか、G線の音の深み・・というか、大きさというか、
そのへん、見せてもらった楽器は個人的にいまいち物足りない
感じだったのだ。

で、一通り満足したので、一度家にかえり、
こんどは妻と息子をつれてあらためて代官山に。
本日の本題である、息子の1/10 Violin購入のためである。

1/10サイズの楽器7本と1/8サイズ1本を出していただき、
今度は地下にある試奏室でじっくり吟味させてもらった。
高い楽器のことを考えると、高々5万円から10万円程度の出費
はではあるが、されど我が家の会計のことを考えると、
これは力の入った買い物である。

さんざんいろいろ吟味した結果、満足のいく楽器を買うことができた。

明日からの練習で、音がどう変わるか楽しみだ

« 親子でViolin | トップページ | Violin 肩当なしに挑戦中 »

育児」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
ちょうど娘の分数ヴァイオリンを探していてたどり着きました。
今使っているのはsuzukiのNo.520(1/8)なんですが、サイズアップ時に他のメーカーのも試してみたくて、jayhaideも候補に挙がっています。
ミュージックプラザさんではどんなものを試奏なさいましたか?
ミュージックプラザさんは、カンダの時代に私がお世話になっていました。
わたしも子供がレッスンを始めたので最近30年ぶり位に再会したクチです。
なかなかままなりませんが、趣味として弾くのはとても楽しいです♪

お返事おそくなってすみません。もうすでにご購入済みかとは思いますが。。また、もう1年以上前なので記憶を頼りにですが。。

1/10サイズはsuzukiのやつ数台とgraziosoというものを試奏させてもらいました。最初はまあ1/10サイズだとどれも1/10サイズなりの音しかしないので、「なんだかなぁ。。どういう観点で選べばいいんだろう」と感じていました。そこへきてgraziosoという名前の楽器を試したら、だいぶましな響きだったためそれを選んだと記憶しています。選んだあとで気付いたのですが、この楽器は横幅が広くて、通常の1/10ケースだと入りません。おそらくその分だけ箱が響いて鳴ってくれたんだろうと思いました。

実はその後、ほぼ半年後の今年の夏ごろ、同じ教室の2年先輩のおねぇちゃんから別の楽器を譲り受けて今はそれを使っています。そのおねぇちゃんは以前ドイツに住んでいたためドイツで買った楽器だそうです。同じ1/10サイズという事なんですがちょっと大きめで(1/8よりは小さい)、音もその分よくなってます。 

その楽器にして初めて気付きましたが、弓のつくりがこちらの楽器のほうがよい(バイオリンらしい)と感じました。弓の長さはほとんど同じなのでサイズの問題ではないと思います。それで気付かされたのは、弓をちゃんと見るべきだったなぁということ。

バイオリンの音のよしあしは楽器もさることながら弓の使い方で8割方決まると私は思っていて、その弓の技術の勉強に変なバランスの弓を使わせちゃダメだったかなぁと。

具体的には、バランスなのか弾性なのかよくわかりませんが、弓を飛ばしたりしたときの着地のときの跳ね返りが小さい弓はどうしても硬くなるのかなと思いますが、その硬さが新しい弓だとあまり気にならなかったです。
(そんな奏法はまだ本格的にはしませんが)

こんにちは!
久しぶりにおじゃましましたらお返事がhappy01
結局1/4はまたsuzukiにしちゃいました。
1/10も1/8も半年強位しか使わなかったので、張り込む勇気が出なくなってしまい・・・。
graziosoもなかなかでしたか。
楽器って本当にひとつひとつ個性があって、不思議で面白いです。
色々弾いてみたいなと思いますが、ディーラーさんにとって食われそうでcoldsweats01
今は1/2と3/4を物色中ですが、先日オークションサイトでキルシュネックやペゾルトが出ていて、興味を持っています。
楽器が大きくなるにつれて音の粗がよく見えるようになり、限りある予算の中で、少しでもマシな音を求めてアタマを悩ませています。

弓は本当に大事ですよね。
私も子どもの頃はあまり意識していませんでしたが、ブランクを経てまた弾くようになり、ボウイングの難しさと奥深さを実感しています。
良い弓はよく反応して、助けてくれますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34023/55831837

この記事へのトラックバック一覧です: 1/10 Violin購入:

« 親子でViolin | トップページ | Violin 肩当なしに挑戦中 »

Haruya's Violin

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ