« Mozart Violin Concert No. 4 (D major) | トップページ | 自転車に乗れた »

2013年5月12日 (日)

はるやViolin近況(2012後半~2013前半)

最近の我が家は、はるやのViolin練習を中心に回っている。マジで毎日がバトルだ。。
なぜこうも熱くなってしまうのか。これがスズキメソードのマジックか?

2年前、3歳のときにはじめた愛する息子とのViolin修行。

はじめは、おててをたたく練習とか、30分いい子にしている練習ぐらいで
大したことなかったのだが、最近は親子ともども必死で練習している。
よくある「厳しすぎで嫌になるパターン」にならぬよう注意を払いつつも、ついつい熱が入ってしまう。

日々試行錯誤の繰り返しだ。
自分は、仕事を早く上がって、自分のViolin練習もそっちのけで、はるやの練習を見る。
一方で当人は飽きるととたんにやる気をなくして練習をさぼる。
親の苦労は子供には一切見えないので、自然なことなのだろうが、
こっちは イライラする。熱くなる。怒鳴る。反省する。抱きしめる。
子供は  さぼる・泣く・吠える・練習する・ニコニコする・思い上がる・さぼる・・ のループ

 「ほめて育てる」

を実践したい。実践せねばと思いつつ、
ほめるとつけあがるが、なかなか芯が強いタイプであることが見えてきている彼には、
愛情を込めたスパルタ式が基本になってしまっている。うーむ。

しかし夫婦力を合わせて、そして息子本人ももちろん、家族一丸での練習の成果もあり、
やっとスズキ教本の2巻中盤まで来ることができた。

戦いの歩み:

2012年

 5月末: 1-3. こぎつねに進む
 6月頭: 1-4. むすんでひらいてに進む
 6月末: 1-5. クリスマスの歌に進む
 7月中: 1-6.かすみか雲かに進む
 7月末: 1-7. ロングロングアゴーに進む
 8月頭: 1-6. かすみか雲かに戻る
 8月中: 1-7. ロングロングアゴーに進む
 8月末: 1-8. アレグロに進む
 9月頭: 1-9. 無窮動に進む
  ?(記録なし) : 1-10. アレグレット
  ?(記録なし) :  1-11. 楽しい朝
10月末: GDurに進む
11月頭: 1-12.習作に進む
11月末: 1-13. メヌエット 1に進む
  ?(記録なし) : 1-14. メヌエット 2に進む

2013年

 1/10: 1-15.メヌエットNo3に進む。
 1/17: 1-16.楽しき農夫に進む 
 1/24: 1-17.ゴセックのガボットに進む
  2/21: 2-1. ユダスマカベウスに進む
  3/07: 2-3. 狩人の合唱に進む(ミュゼットはついでに合格)
  3/26-3/31 世界大会 in まつもと
  4/2  (5歳誕生日)
  4/?: 2-4.ロングロングアゴー(2)に進む
  4/11: 2-5.ブラームスのワルツに進む (ロングはペンディング)
  4/25: 2-6.ヘンデルのブーレに進む(2-4, 2-5 もペンディング。共鳴・4本のユダス宿題)
  5/9: 2-7.二人の擲弾兵に進む(D-mollとFの練習も宿題)

この調子ならば、確実にパパよりはうまくなるだろう。(理想的には小学生のウチに、中学受験前にパパよりうまくなってくれたらうれしい。)

ちなみに卒業録音記録からたどったパパ(自分)の子供のころの歩みは以下の通り:

パパのスズキ的歩み 

5歳で開始 (34年前)
7歳の10月(小2):前期初等科: ゴセックのガボット(1巻の最後)
8歳の 夏?(小3):  初等科: バッハのブーレ  (3巻の最後)
8歳の 2月(小3):前期中等科: ヴィヴァルディのAモール(4巻の中盤)
9歳の12月(小4):  中等科: ヴィヴァルディのGモール(5巻の中盤)
10歳の1月(小5):前期高等科: ラフォリア(6巻の中盤)
11歳    (小6):   バッハの協奏曲1番(7巻の中盤)に取り掛かるも
               受験優先のため、あきらめる。
12歳の3月(中1): 受験は終わったが、練習しないのでバッハはやっぱりあきらめる。
13歳の2月(中2): 高等科: やっと録音を送った。その後VN教室を辞めてしまいあとは独学。

ラフォリアのあと、バッハの前のどこかで2年年下の妹に抜かされている。
兄の威厳(そんなのあったのか?)を保つため平静を装ったが、実は今思えば結構あれは効いてたのかなと思う。2年ほどバイオリンから距離を置いてしまったように思える。

バイオリンの楽しさが分かったのは、中学2年で入った音楽部室内班というところで、アンサンブルをやったときから。鈴木の教本以外に、よく聞いてたヴィヴァルディの四季の楽譜なんかが転がってて、上手な先輩やチェロの人などと一緒にそういうので遊んだりする経験を経てからだった。

どこかで現在のエネルギー消費の激しいスパルタ教育をやめて、
はるやが心から音楽を楽しんで自分から練習できるようにしてやりたい。
どうしたらバイオリン楽しいと思えるだろうか。。


3巻で3rdポジションやらビブラートが出てきて、きれいな音でかっこいい曲が弾けたりすれば、もうちょっと楽しくなるかなぁ・・ 

とりあえずドッペルコンチェルトをパパと弾けたり、セカンドバイオリン弾いたりすると楽しいはずだと思う。自分はあの辺は少し楽しかった気がする。

まあ、今も楽しいと言っている時もあるか。。
自分もかすかな記憶ながら、2巻3巻4巻あたりやってるときも、多少の充実感はあったと思う。

でも、のめりこむほどの楽しさはまだ感じられていないはずだ。そこまでの楽しさがないと自主的な数時間の練習はできない。 

今彼が感じているであろう「楽しさ」は、「(それっぽく)弾けた」「できた」という達成感なのかなと思う。
「自分の出す音や音楽に酔う」ような楽しさは、もうちょっと進まないと難しいかな。。

かすかな記憶をたどると、そういえば僕は、2巻の最後のボッケリーニのメヌエットの後半でAのオクターブのフレーズのところで、E線の3の指のAの音が共鳴して響いてきれいな音がでたときが、「自分の音に酔う」の初体験だった。

やっぱり今は辛抱しつつも、今感じれる「楽しみ」である「達成感」をうまいこと最大限演出しながら、短時間・省エネルギーでできる効率のよい練習メニュー(たいていは先生の指示どおりやればよいはず)をやってあげて、あとは、音や音楽に酔える楽しさを少しずつ追求する感じで、、 やっぱりもうしばらくは、怒鳴って、泣かして、抱きしめての繰り返しなのな・・

ああ、、疲れる。。

« Mozart Violin Concert No. 4 (D major) | トップページ | 自転車に乗れた »

育児」カテゴリの記事

コメント

バイオリン弾いたことないけど
じじばばとか普段聞かせない人に聞かせてほめてもらうのはどう?

本人きんちょーするかな。

たしかにそうだねぇ。アイディアありがとう!

僕の実家で披露ってパターンはもう実は結構やってますが、妻方の実家(大阪)ってのはまだやってないので、今度やってみたいところ^^

先日グアムにいる日本語しゃべれない遠い親戚と食事会したんだけど、そこでちょっと弾かせてみたら確かに少し得意げだった。

あとは、パパと一緒にストリートパフォーマンスを狙ってみようかなとも思う。 よし!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34023/57364707

この記事へのトラックバック一覧です: はるやViolin近況(2012後半~2013前半):

« Mozart Violin Concert No. 4 (D major) | トップページ | 自転車に乗れた »

Haruya's Violin

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ