« 2014年4月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年8月の2件の記事

2014年8月23日 (土)

第7回 国際ジュニア音楽コンクールで2位になった!

ななななんとー! コンクールでウチのはるやが2位を取った~!!!

のです。もうびっくりです。

千葉県で開催されている国際ジュニア音楽コンクールなるものの、Violin A部門(未就学児)です。
http://www.ijmc.jp/ http://vivaoke.com/blog-entry-4047.html6月に1次予選、7月に2次予選で昨日22日に本選がありました。

1位が3人いる状態の2位(普通4位って言わない?それ)というゆるーい感じではあるのですが、まあ確かに我が子ながらなかなか立派に弾けました。1位の二人は別次元(幼稚園でブルッフのコンチェルトやらクライスラーなどを、ちゃんと弾いて聴かせられている!)だったので1位はあり得なかったし、他の子のほうが難曲にトライしていたので2位というのも予想外の結果。

労力やらお金やらだいぶかかったけど、父は、「これで将来、『子供のころ国際ジュニアコンクールで2位を取った』などと、盛り盛りプロフィールを語れる(騙れる)ようになったな」・・・などと浅ましいことを考えました。

というか、将来壁にぶつかったときに向けて「僕は昔コンクールで2位とったこともあるんだ。」という自信の拠り所を一つくってあげられたのだといいなぁと真面目に思います。それと、同年代の上手い子の演奏を聴いて刺激を得られたのも本当の意味での収穫なんだろうな。

とにかく、「よくやった!息子よ!」ということで翌日(今日)トッキュウジャーの「ビルドダイオー」なるおもちゃを買ってあげました。ふだんのご褒美の10倍以上の値段(6,000円)! だけど妻と話して「今回ばかりはdeserveするか・・・」ということで。

ついでに「もし来年1位を取ったら『超超トッキュウダイオー』(なんつう名前だ!)を買ってやる」と約束しました。
本当にそろえると数万円かかるようだが、どうせ来年になったら違うシリーズが始まってるし、興味も別のところに行っているはず。まあ、1位はまず取れないしね・・。などと小汚い計算する親でスマナイ!息子よ!

2014年8月17日 (日)

スズキメソード:小林一茶の俳句暗唱

はるやのバイオリンは、スズキメソードという流派(?的なもの)でやっている。

スズキメソードでは小さい子には小林一茶の俳句を100句覚えさせて記憶力を養うようなカリキュラムがある。
初句(5・7・5の最初の5)を先生がいったら、5・7・5全部をこたえるというもの。
はるやも3歳で始めてから1年ほど一生懸命少しずつ覚えて100句クリアして、復習ということでもう一周やって合格をもらった。

しかーし、ここにきてなんと先生が「はるやくん。俳句録音しましょう」なんていうから大騒ぎ。2年近くブランクがあるので、もうすっかり忘れてます。(親も)。 スズキメソードでは復習を大事にしますので、こういうのはよろしくありません。

また、確かに幼児のバイオリンの練習は、記憶力の訓練でもあるとつくづく感じるし、その記憶力が足らないのが練習の効率が上がらない原因かなとも思いはじめていたので、真面目に取り組むこととしました。クリスマス会や夏合宿恒例のかるた大会でいつも負けて悔し泣きするのも面倒だしね・・・

しかし、これ、何が大変って、親が大変なんですよ。問題読んで、答えさせて、あってるかどうか確かめて、ほめてやるだの直してやるだの・・・  
ということで、このような動画をつくってみました。

■ はるやのかるたクイズ! No.1 (1 - 10 )

これで、一人で練習できるじゃないか!

とりあえずこれまで第50句まで、すなわち半分YouTubeに上げることができました。
何度も撮り直し、慣れないビデオ編集ソフトなどを使って製作してるので、実はだいぶ苦労して作ってます。

スズキメソード(保護者)の仲間のみなさん!俳句覚えのヘルプツールとして、もしよかったらお試しください。

■ はるやのかるたクイズ! No.2 (11 - 20 )

■ はるやのかるたクイズ! No.3 (21 - 30 )

« 2014年4月 | トップページ | 2014年10月 »

Haruya's Violin

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ