« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月の5件の記事

2015年7月28日 (火)

Violin教室の夏合宿(2015)

夏のViolin合宿2連荘、まず第1弾の「教室の夏合宿」2泊3日です!(パパは最後の日だけ参加)

こんな曲をやりました。ビデオは合宿から帰ってきてから週末に撮ったものです。

2015年7月18日 (土)

第10回 J専レッスン

個人エレクトーン
【JOC準備】
まずは作曲。「うちゅう」から

【エレクトーンStep3】
○BINGO
今回はちゃんと弾けた。といっても、ただ譜面通り弾けただけなので応用編の宿題が出た。
リズムをつけてみよう&2コーラス目はメロディの音を変えて弾いてみよう。

○おしゃべりきかんしゃ

はるやは、この曲をレッスンでいきなりテンポを180以上にして弾きだした・・ 弾けないのに・・
昨日パパとテンポを速くして弾いてみる遊びをしたのだが、その時テンポ180である程度ひけたときに褒めてあげたのが災いしたようだ・・ 遊びとレッスンの区別がついてない・・アホだ・・

しかし、先生はそれにこたえてか、つま先&かかと両方を使ったベースの奏法を教えてくれた。こういう曲は2・4拍目を強調したいので、1拍目をつま先、2拍目かかと、3拍目つま先、4拍目かかとでやってごらん。と。まあ、いきなりは当然できないのだが、面白いことを教えていただけた。

ちなみに、原典はこんな曲なんですね・・・ 知らなかった・・

★新曲宿題: まつり。 まずは音をつくってこよう。笛の音は4FTに設定して(オクターブ上)

レッスンが終わったら、先生がお店の楽譜コーナーに走った。そして渡された楽譜は、
「新こどものエレクトーンレパートリー9級」・・・ こっ これは・・・ なんだろう?
「色々な曲が入っているから好きな曲を選んで練習してきてください。」とのこと。

あとでわかったのだが、これはいわゆるグレード試験の準備ってやつかな?
http://www.yamaha-mf.or.jp/grade/notice/notice011.html


グループ
先週お休みだったNちゃんが復活して4人そろってのレッスン。

「ぞう」新曲です。
「かっこう」 ハ長調、ヘ長調、ト長調で、両手カデンツや、普通の両手奏など
「二人乗り自転車」 ピアノとフォルテに気を付けてうたう。
「ジプシーの踊り」 イ短調、ニ短調で。両手カデンツや、普通の両手奏など
「エレファントウォーク」アンサンブル仕上げ

エレファントウォーク:

 ※後日復習のため撮影


いや~・・・ ダメだね・・・ 集中力なくなってて、両手カデンツ全然できない。こりゃ、家で練習しなきゃ

Nちゃんとはるやはどうやら波長が合うのか、レッスン中、先生の話に片方が反応すると、もう片方がさらにそこに何か反応して大笑いになる。で、どんどんハイテンションになってゆく。クラス進行上ちょっと申し訳ないなとも思いつつも、まあ、二人ともホント楽しそうだし、まあ楽しいレッスンになればいいのかなと思ってある程度放置。(度が過ぎるときは、はるやを叱りますけど・・) みんなで、なかよしグループになれたらいいね・・。音楽は仲間がいると何倍も楽しいし。

レッスンが終わっても、Nちゃんとはるやは、教室を出るなり、扇風機に向かって「ワレワレハ、ウチュウジンダ!」とか言いながらホント楽しそうにしてる。なんだか微笑ましい。

帰り際に受付の方から、イベント出演のお誘いが!
9月6日にJR戸塚駅東口ペデストリアンデッキにて屋外演奏ステージがあるそうで。先日の発表会のLet it Go でも、別の曲でもいかがですか?と。 なんだか楽しそう~! 誘ってもらえてうれしかったです。 さあ、次は何を練習しようか。 

2015年7月12日 (日)

Mozart 交響曲41番

3月ごろからはるやとともに神奈川青少年交響楽団というところにお邪魔させて頂いている。
来週の海の日にコンサートがあり、はるやはMozartの交響曲41番ジュピターの2nd Violinを練習している。

正直、めちゃめちゃ大変だ。。最初は「この曲だけでなく色々な曲に出ますか」的な流れもあったのだけど、全然無理ということでお断りして、この曲だけにさせてもらってます。が、この曲だけでもきつい。4楽章まであるしね。やっぱり読譜力、初見力が圧倒的にまだ弱い。私も決して強くはないけど、はるやの弱さは尋常ではない。

はるやはViolin、耳で聞いたら弾けることが多いんだけど、楽譜見ただけじゃ全然ダメ。小学1年だし、当たり前といえば当たり前かもしれないけど、もうちょっとできないとこの先の進歩が難しいかもなと思う。

ともかく、ご迷惑を最小限にすべく練習をみるのだけど、全部一回私がひいてやらないとダメだし、一回弾いたぐらいじゃなかなかできるようにならず、それぞれのフレーズを100回ぐらい弾かないと弾けない。曲は長い。ということで、終わりが見えない。一方で、本番は来週。明日は最後から2回目の練習という、激ヤバ状態。

そもそも楽譜を見ながら弾くという習慣がまだ根付いてないので、ほおっておくと、楽譜そっちのけでテキトーに弾きだす始末。「楽譜見ないで弾けるわけねーだろ!」 まさに以下ビデオの15:10あたりの状態。

楽譜に食らいつきながらついてゆくという忍耐力というか集中力が持たない感じ。ちょっとまだ早かったかなぁ・・ まあ、ベストは尽くそう。

パパも第1Violinで弾かせて頂いてます。一緒にアンサンブルできるの、本当に幸せなんだけどねー・・ 
練習が・・ツラヒ・・・

2015年7月11日 (土)

第9回 J専レッスン

個人エレクトーン

【エレクトーンStep】
○地球 (エレクトーン Step2)
  →合格
    これにてエレクトーンStep2は卒業。新年早々開始だったのでまるまる半年かかっちゃったね。
    でも、うち3か月弱はピアノに寄り道してたし、そのあとは発表会向け練習がメインだったので
    しょうがないかな。。しかし、そういってるのもつかの間。もうこれからはJOC準備だしねぇ。。

○ビンゴ  (エレクトーン Step3)
  → 後半の右手、指が違ってひけてないー
  → また来週

○おしゃべり機関車 (エレクトーン Step3)
  → ベースがちゃんとひけてないー
  → また来週

【秋のJOCに向けた曲作り】
この曲を先生に披露! 

ベースをどうしようと相談したら、先生がかっこいいのを考えてくれました。来週までにそれを練習しよう。

先生曰く、しばらくは作曲重視で、教本の進行はゆっくりいきましょう。(新曲宿題はなし)

グループ
「ジプシーの踊り」をニ短調とイ短調で弾いてみる。
「かっこう」をひく
「二人乗り自転車」をドレミで歌う。  レーーシーーソーーレーーミファソミーソドー
「エレファントウォーク」アンサンブル
「のはらでダンス」アンサンブル
「したてや」 ひく
「大きな古時計」うたう → つぎは「そっくりハウス」をうたうよ
「ギャロップ」 タンバリンたたいてみる。(new)

さいごに、みつばちマーチの即興変奏練習。

「のはらでダンス」

 ※ 後日復習のため撮影

2015年7月 4日 (土)

第8回 J専レッスン

発表会も無事おわり、一週間やすみをおいてのJ専レッスン。

エレクトーン個人レッスン

まず、先日の発表会での「奨励賞」といういわば「頑張ったで賞」を先生からいただきました。本当は発表会の最後でもらえたようですが、賞なんてもらえるわけないと思って途中で帰ってしまっていたため、びっくりしつつ頂きました。

「発表会も終わったので、今日からは10月のJOCに向けた曲作りをしてゆきましょう」との方針が示されました。

が、まずはエレクトーンStep2教材の曲を・・

「人魚姫のなみだ」
  今回は「音をつくっといで」が宿題でしたが、一応全部弾いてあったので一発で合格をいただきました。肝心の「音をつくる」ところで微指摘。メロディはバイオリンソロの音だから、上鍵盤設定というよりはリードボイス設定がいいんじゃないの?とのこと。 

「ミュゼット」

 ※後日復習のため撮影

 ⇒ ちょっとベース間違えたり、テンポ速く弾いちゃったりしましたが、少し直されつつ合格

レッスン前にあわてて購入したエレクトーンStep3テキストから「ビンゴ」の宿題が出されました。

「地球」
  曲の構成的に1番と2番的になっています。はるやはこういうの、「1番のはずが、いきなり2番になって終わってしまうパターン」をよくやってしまいます。結論、「来週仕上げてきてね~」 でも、エレクトーンStep3から「おしゃべり機関車」の宿題。

↓ということで、翌日地球の仕上げとして練習しました。

「46億年の時を経て、今あるこの青い惑星」
「生命の輝きあふれる緑の大地と・・・」とか、そんなナレーションが似合うような曲ですな・・

実はこれを撮るまで30テイクぐらい2時間ぐらいみっちりパパにダメだしくらいまくりました。一度は泣き腫らして、これじゃあビデオ撮れないよとなり、気分を入れ替えてまた10テイクぐらいしたらようやくよくなってきて、という苦労の産物です。 ごめんね。でも、がんばったから上手にできるようになったね。

楽器を弾くのって、同時に5-6個のことを注意しなきゃいけなかったりする。ここの音はつなげて、ここで音を小さく。ここで指を入れ替えて・・と、、 でも、人間同時に意識して注意できるのはせいぜい2-3項目であるので、のこりの2-3項目は無意識でできるまで練習して体に叩き込まないといけない。はるやは3歳からバイオリンでそのあたりは鍛えてはいるし、練習しないとうまくならないこと、練習すればできるようになることは知っているのだけど、まだ小さいので、同時に意識するのが1項目がせいぜいって感じ。だから残り4項目すべて無意識でできるまで練習しなきゃいけないようなところがある。しかも、その1項目も覚えていられずに忘れる。。

本当に大変だ。。教えるほうも。。忍耐力が正直持たない。。ということで、CDと比べるとだいぶゆったりになってしまいました。パパが頭おかしくなって、基準が「生命の輝き・・・」的ナレーションが似合うぐらいのテンポということで思い込んでしまったためです。ハイ。ごめんなさい。

【JOC準備】
発表会の前に、「組曲 遠足」をつくろうという話もありましたが、はるやが最近自主的につくりはじめていた「うちゅう」という曲(というか、まだモチーフだけ)を先生に披露したところ、それで曲作りがはじまりました。まずは音づくりから。上鍵盤ホルンの音を選んだところで、先生が即興で「こーんな感じ?」と弾いてくれました。フムフムと。
しかし、なかなかハルヤの中でメロディが決まりません。

モチーフはあるんだけど、その展開のさせかたがわからない感じです。まあ、私(父親)もそうですが。

先生が五線譜にちょちょっと下書きをしてくれました。そして、それを完成させる宿題が出ました。さあ、なんだか楽しそうなことになってきました。まずはメロディかな。

グループレッスン

まず、晴也が奨励賞をとったことを先生がクラスに発表するとともに、じゃあ弾いてもらいましょうということに。
「マズイ、こないだ1週間ぶりにひいたときにボロボロになってたのを放置していた・・」と頭によぎりましたが、時すでに遅く。 クラスのみんなの前で弾いたのですがやっぱりボロボロでした。あぁ・・・スミマセン。

さて、気をとりなおして^^

・・と、今、これを書いていてはじめて気づきましたが、今回レッスンノートを完全に取り忘れてます。私(親)がだいぶヤラレテマシタ・・ 記憶をたよりに・・

「ジプシーのおどり」を、ニ短調とイ短調で。
「したてや」をひいてみる
「おじいさんの古時計」のうたをうたう。3番をさびしげに少しゆっくりと。
「ふたりのり自転車」(CDがない曲)を先生がひくのを聞く。
「エレファントウォーク」のアンサンブル

そんな感じでした。色々な曲をハ長調、ト長調、ヘ長調に移調して弾いてみる練習が宿題に出ました。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

Haruya's Violin

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ