« 第23回 J専レッスン | トップページ | 第24回 J専レッスン »

2015年11月26日 (木)

Vivaldi のg-moll

苦節約4か月。やっとVivaldiのg-mollを録音できた。

才能教育のViolin科的に、この曲のテーマはVibratoということらしいです。ということで「ちゃんとかかかるビブラート」の練習に4か月かかった感じかなと思う。 これまで3の指抑えるときは、123全部押えるのでよかったのが、ビブラートのため3の指1本で押えねばならず、左手の人差し指付け根は音程安定のためにしっかりネックにさわっていればよかったのが、大きくビブラートをかけるために、一時的にネックから離陸しなくてはなならない。

ただ、ただそれだけの事なのだが、それをすべての八分音符以上の長さの音で徹底しようと思うとできない。やったら今度は音程が不安定になる。そこをどう音程を安定させながら、忘れずにビブラートかけるか。無意識でもかけたくなっちゃうぐらいまでいけるか。 と、そういうゲームだった。

まあ、そういう意味ではゲーム全然勝ててないけど、そこそこ7割ぐらいの音にVibratoかけられるようになったので、良いでしょう的な感じでやっと録音出来た感じです。ただ、Vibratoが無駄に大きくて音楽的でないところはこれから直してもらわないとなぁ。。

ちなみに、パパは9歳の時、1983年に録音したようで、カセットテープからデジタル化したついでに、写真も貼ってビデオのおまけにつけちゃいましたよ。ビデオの4:45あたりからです。

声変わりする前の自分の声を41歳になって聞くのは、なかなか面白いものですね。かわいいな。自分。

« 第23回 J専レッスン | トップページ | 第24回 J専レッスン »

Violin」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34023/62883468

この記事へのトラックバック一覧です: Vivaldi のg-moll:

« 第23回 J専レッスン | トップページ | 第24回 J専レッスン »

Haruya's Violin

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ