« スズキメソードViolin教室発表会(2016) | トップページ | 第31回 J専レッスン »

2016年1月30日 (土)

UR242を使ってエレクトーンのライン録音

はるやのエレクトーンの動画記録を作成するにあたり、昨年秋からいわゆる「ライン録り」というやつをやっている。STEINBERGのUR242というオーディオインターフェイスを購入し、Windows7パソコンでAudacityというフリーソフトを使って録音している。

ハードウェア構成
Stagealinerecording1


しかし、これまで時々うまくいかないことがあり何度か困り果てることがあった。この日もまさに問題が発生して、はるやに練習をさせつつ、私は必死に問題解決に取り組まなくてはならなかった。これまでなんか色々いじっていたら偶然みたいな形で解決してしまったが、今回は、ちゃんと仕組みを理解して?解決できたっぽいので、何を理解したのかを主に自分のために書いておく。 間違っているかもしれないけど。



問題
何度か発生した問題は
「Audacityというソフトで録音しようと思っても、Audacity上に音声が来ない」
というもの。 

UR-242に付属していいた、dspMixFxというソフトでは、しっかり音が来ているし(ゲインのバーがピコピコと動く)、Windowsの「オーディオデバイスの管理」メニューにもしっかりライン入力(録音)と・ライン出力(再生)デバイスとしてUR-242は表示されている。そして、エレクトーンの音はしっかりモニターから聞こえているのだが、一方でWindowsの「オーディオデバイスの管理」の画面上、まったくゲインのバーが反応せず、Audacityにも全く音声が来ないというもの。


解決策

UR-242に付属していいた、ソフトミキサーソフトdspMixFxの設定で、LOOPBACK というチェックボックスをOnにするとうまく音声を拾ってくれた。

以下ページをみていて、なんとなく試しにLOOPBACKオンにしてみようかと思ってやったら動いた感じ。
http://blog.ume108.mobi/?p=960

「このデバイスを聴く」をONにするのもやったかもしれない。
やっぱりまだ原理が分からない。


以下のページなどみて理解を深めないとなぁと思いました。

http://blogs.msdn.com/b/windows_multimedia_jp/archive/2010/06/28/4-windows7.aspx

« スズキメソードViolin教室発表会(2016) | トップページ | 第31回 J専レッスン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34023/63149270

この記事へのトラックバック一覧です: UR242を使ってエレクトーンのライン録音:

« スズキメソードViolin教室発表会(2016) | トップページ | 第31回 J専レッスン »

Haruya's Violin

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ