« 第30回 J専レッスン | トップページ | UR242を使ってエレクトーンのライン録音 »

2016年1月24日 (日)

スズキメソードViolin教室発表会(2016)

スズキメソードバイオリン教室の発表会がありました。みんなが演奏に集中できるよう本番は撮影禁止ポリシー(プロの人が撮影したのを後でもらえる。)ということで、今のところ本番の動画はありません。ということで、練習動画を貼っておきます。

オープニングは2巻のブラームスのワルツ。バイオリン3パートで弾くミニアンサンブル。
はるやが第2、パパが第3バイオリンだったので、練習としてこんなのを撮ってみた。

独奏曲としては、はるやが「ドッペルコンチェルト(Bach)」。パパはタルティーニの「悪魔のトリル」をやりました。
はるやのドッペルの相方はパパです。

こちらは、リハーサルの様子↓

パパの悪魔のトリルはリハーサルでは惨憺たる感じだったので、載せられません・・・ 

本番は、まだましだったので、本番映像が手に入り次第、載せられそうな出来だったらUPします・・ しかし、ドッペルの本番はパパがやらかしてしまいました。パパはセカンドをやったわけですが、弾き始めたとたん、初っ端で最初のFの音をFisで弾いてしまい、冗談演奏になってしまいました。 ごめん・・・はるや。。 

今年のアンサンブルは、ショスタコビッチのThree Violin Duetsという曲。パパが1st, はるやが2ndをやりました。


4/30追記

DVDがいただけたので、頑張って形式変換してYoutubeに上げました。

■ パパが冗談演奏にしてしまった、はるやとのドッペルコンチェルト

「息子よ、すまん! お前が歩む道を示すべき父が、道を踏み外してしまった…」的な。
「パパ、それはないでしょう?・・・」 という顔をされました。
7歳の息子からのあの眼差しは一生忘れないと思います。。


■ パパなりに練習してなんとか弾き切った「悪魔のトリル」

後半に行くにつれ、だんだん下手さに磨きがかかってゆきます。
ていうか、後半に行くにつれ、だんだん難しくなるんだもん、しょーがないじゃん!

○1楽章

○2楽章

○3楽章

« 第30回 J専レッスン | トップページ | UR242を使ってエレクトーンのライン録音 »

Violin」カテゴリの記事

コメント

ようやく記事にたどり着けました。
ありがとうございます。
親子での演奏はかけがえのない時間ですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34023/63305531

この記事へのトラックバック一覧です: スズキメソードViolin教室発表会(2016):

« 第30回 J専レッスン | トップページ | UR242を使ってエレクトーンのライン録音 »

Haruya's Violin

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ