« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月の9件の記事

2016年7月31日 (日)

J専2年目発表会

楽器店のJ専発表会がありました。会場はテアトルフォンテはじめての場所です。
Electone Festivalから1か月とちょっとしか時間が空いていないので、EFと同じ曲というのもアリなのですが、それではわざわざ参加費1万円近く払うのもアレだということで新たな曲にトライしたわけです。

このJ専発表会は原則2年目から参加ということらしく、はるやも今回が初参加となります。

2016年7月30日 (土)

第51回 J専レッスン

個人エレクトーン

いよいよ明日はJ専発表会。ということで、バイオリン教室の夏合宿からのハシゴでレッスンに駆けつけました。いつもやっているレッスン前の特訓練習ができなかったことに加えて、夏合宿の最後の「お楽しみ会」に参加せずに抜けてきたことがはるやはとても不満だったようで、もうはるやはグダグダのヨレヨレ。なかなか弾き始めません。

パパにもかあさんにも甘えられなかったはるやは、明らかに先生に甘えていました。先生もそんなはるやを受け止めてくださっていました。明日は頑張らないとね!

○Toccata
   はねるところとペタペタひくところのコントラストをつけよう

【Electone Step4】

○惑星
  ⇒ 次回仕上げ

【グループ】
前半 子供たちだけのレッスン。何をやってたのかな・・・

後半
○ セーヌの風
○ 3人の王の行進
  ⇒ 全パートそろって最後まで通るようになってきました。 なかなか聞きごたえアリ。いいね

☆宿題
ジュニアソルフェージュ・アンサンブル4より
  8ページ My Friend Music ⇒ うたう
 20ページ ワルツ ⇒ うたう
 28ページ  やさしいミュゼット  ⇒ ひく
 60ページ  ⇒ 伴奏をひく 
 48ページ セーヌの風 イ ⇒ ひく
 62ページ 夢に向かって  ⇒ きく
 
「3人の王の行進」 ⇒ひく

Violin教室の夏合宿(2016)

横浜市上郷森の家での2泊3日のViolin教室夏合宿、4回目の参加となる今年は1日目はお休みして2日目・3日目で1泊だけ参加させていただきました。

恒例のViolin二重奏はこんな曲でした。今年ははるやが最上級生でちょっと簡単すぎたかなとおもいましたが、練習しないとやっぱりだめですな・・・ 

○トルコマーチ (数日後、夏期学校の受付時間に撮影)


○大きな古時計 (さらに数日後、夏期学校が終わって帰りの旅行中に撮影)


どちらも、ちゃんと弾けておらずごまかしていた模様。こうやってビデオに撮ろうとしたら発覚して、復習して撮影しました。他の参加者の皆さんすみませんでした。

最終日3日目、ヤマハのレッスンの時間があり、成果発表会のあとの「お楽しみ会」には出られませんでした。
はるやはがっくりきてそのあとずっとだたをこねてました。

2016年7月23日 (土)

第50回 J専レッスン

個人エレクトーン

○7末 J専発表会向け「トッカータ」

・残響を意識しよう
・音の長さ、休符・隙間を大事に
・最後、Adagioになったところの拍を意識して


【Electone Step4】


○惑星 しっかり縦の線をそろえて
  たとえば音を以下のように作ろう
   [1] ストリングス
   [2] 木管楽器だけ Fl / Cl など
   [3] 1と2を混ぜたフィナーレ
  
○シャクトリムシノコイ
 

○線路は続くよ
  → なし

【グループ】
前半

後半
○ 3人の王の行進

☆宿題
ジュニアソルフェージュ・アンサンブル4より
  6ページ だいすきなあの歌を ⇒ 下パートをうたう
 20ページ ワルツ ⇒ きく うたう
 28ページ やさしいミュゼット ⇒ 右ひく
 46ページ 春を待つ イ短調のカデンツ ⇒ ひく
 58ページ ずいずいずっころばし ⇒ 最後までひく 
 
「3人の王の行進」 ⇒ひく

2016年7月18日 (月)

Beethoven交響曲8番 (演奏会)

半年前の交響曲5番に続き、今回は8番です。小学校のお友達が何人も見に来てくれて、はるやもうれしそうでした。 
暑い中見に来ていただいて、ありがとうございます!

しかし、こうやってビデオに撮ってみると、色々反省点が見えます。


1楽章 Allegro vivace e con brio


2楽章 Allegretto scherzando


3楽章Tempo di Menuetto


4楽章 Allegro vivace

あきらかに、3連符追いついていません・・・ ははは


この半年の練習は、、ひとことでいうと、家であまり練習しませんでした。
というかエレクトーンやコンクールの練習などが大変で出来なかった。

それでもここまでは弾けたということは、読譜力が向上したということでうれしいこと。
しかし、ビブラートほとんどかけずに悪い姿勢で、結構ただ音符を追っているだけになってしまっている部分があるのはやはりもったいない。ビデオを見てよくわかりましたが、もうちょっと家で練習しておけばよかったなぁと思います。

そのためには、家で教えるパパがもうちょっと弾けないといけない。早めに弾けるようになって、教えるほうにパワーをかけないといけないですね・・・ 弾けてないのを無理やり弾くと、汚い音で弾く悪いクセがついて、ヘタになってしまうという力学があるので、しっかりマネージせねばならないなぁ。(読譜力初見力は上がるけど、音が悪くなる⇒すると、音を出しかたを思い出す練習時間が別途必要になる⇒・・・悪循環)

次は期の前半にもうちょっと練習して、オケの練習での音が悪くなる要素を最小化するようにしよう。それと、オケの練習の前にしっかり音出しをして、弾けないなりにも練習中マシな音で弾けるようにしなきゃいけない。

練習中、横で弾いていたのだけど、自分の演奏に必死ではるやのことちゃんと見れてなかった。ビデオで見てはじめて「ここまでひどかったか」と、反省しました。

しかし、出番の前に舞台袖で、「僕もいつかオーケストラの曲を作曲したいなぁ」なんて言ってくれたのに救われました。本物のオーケストラ楽器、特に弦楽器奏者からはなじみの薄い管楽器や打楽器の本物の演奏とアンサンブルしている体験は、きっとJOCの作曲のほうにも活きてくれると信じてます。

2016年7月 9日 (土)

第49回 J専レッスン

個人エレクトーン

○7末 J専発表会の曲、バッハのToccata
 ⇒ ☆楽譜に、レジストレーションを切り替えるところの番号を振る
 ⇒ ☆メトロノームに合わせて練習する


【Electone Step4】


○惑星
   ☆ 3鍵盤あわせてちゃんとひけるように
   ☆ 右手とExpだけで弾いて強弱の練習
     → Bのところは小さめ。 ドの音に向かう感じを出す。
  
○線路は続くよ
  → なし

【グループ】
前半 子供たちと先生だけのレッスン。何をやったのかヒヤリングできませんでしたが、きっとこのへんの歌なんかをやってたたはず。

後半
○ 3人の王の行進

☆宿題
ジュニアソルフェージュ・アンサンブル4より
  6ページ だいすきなあの歌を ⇒ うたう
 14ページ だいすきなあの歌を ⇒ うたう
 26ページ  ⇒ 両手変奏ひく
 44ページ ビビディ・バビディ・ブー ⇒ ひく
 58ページ ずいずいずっころばし ⇒ 最後までひく 
 76ページ ダルセーニョ・コーダ ⇒ かく こする
 
「3人の王の行進」 ⇒ひく

2016年7月 3日 (日)

オルガンハウス 下町ハレ

オーケストラの練習の後で、小さいけれどパイプオルガンを練習できるという場所「オルガンハウス 下町ハレ」にいってきました。

なぜ下町とおもったら、シタマチでなくてシモチョウでした。横浜は三ッ沢下町にあります。
http://simochohalle.web.fc2.com/i/
 

わたしたちの前は、バッハのオルガン曲を練習されている方が使っていて、その方とオーナーの方が親切に使い方を教えてくださいました。

さすが電子オルガンの先祖楽器、なんとかそこそこ弾けてしまうものなのですね。

もっと鍵盤が重いのかと思いましたが、(エレクトーンに比べれば重いですが)何とかなる感じでした。
右足のあたりのスッチでカプラーというのをONにすると鍵盤のタッチが重くなったり、ストップをひくと音がリッチになったり、アナログ感が印象的でした。 (子孫楽器エレクトーンの対応する機能のことを思いながら、なるほどなぁと)

ハレはドイツの町の名前でヘンデル生誕の地でしたね。
http://4travel.jp/travelogue/11085081

私どっちかというとバッハよりも、明るく元気で単純明快なヘンデルのほうが好きです。ハーレルヤ!

あ、そういえばはるやの名前は、パパと母さんが結婚前にドライブしながら、CDでヘンデル作曲ハレルヤコーラスをアホみたいに歌ってた思い出と無関係ではないです。ヘンデルはオルガンの名手だったようですし、まあ、そういうわけで電子オルガンであるエレクトーン頑張りながらも、時々パイプオルガンも楽しみたいものです。

2016年7月 2日 (土)

Violoncello da spalla という楽器

先日、ぼんやりWebを見ていたら、Violoncello da spallaという楽器があるということを知りました。

「ひ・・・ ひいてみたい・・・   ほ・・・ ほしい・・・」

バイオリンをやっている人間にとって、チェロというのはなんとも、自分にかけたすべてを持っている魅力的な楽器だと思うのは私だけででしょうか。

バイオリンと一緒に弾く楽器というと大体ピアノだったりするのですが、二つの楽器は明らかに音質が大きく異なっていて、溶け合う感じには中々なりません。 バイオリンとバイオリンだとよく溶けますが、音域が高音域に偏ってしまって、弾ける音楽の幅がだいぶ限られてしまいます。 

僕がバイオリンを弾くのが心から楽しいと思えたのは、中学2年生で学校の弦楽の部活に入ってからでした。まだよく覚えているのですが、何気なくVivaldi の四季の春、3楽章の楽譜を見つけて、ソロパートの簡単な部分だけ拾い弾きしていたときに、チェロの先輩がはいってきてくれたときのことです。「わっ、すごい。ちゃんとした音楽になった」という感覚。「なんて楽しいんだろう」という感覚。その先輩が上手だったことや、音響の良い場所だったことも手伝ってなのかもしれないのですが、私の中ではきっと一生忘れない経験であり続けるのだろうなと思う。

そんなこともあり、若いときはチェロを弾ける人と結婚したいとすら結構本気で思ってました。しかし結局チェロもピアノも弾けない人と結婚してしまい、息子にはなぜかバイオリンを習わせてしまいました。最近息子もそこそこバヨリンが弾けるようになってきて、一緒に弾いていて「親子だから」ではなく「音楽的に」も楽しいと思える瞬間が時々出てくるようになってきました。しかし、悲しいかなやはり低音がそこにないのです・・・

私のためにも、息子のためにも、低音を私が弾けたらどんなにいいだろうと思うのです。
そんなことを考え、数年前にビオラを購入しました。が、ビオラはやはり中音楽器です。 バヨリン・バヨリンよりは幅が出ますが、低音がまだ足りません。ヘンデルのソナタなんかをこれからやってゆくはるやにとって、通奏低音がほしいのです。

ご存じのとおり、バヨリン・ビヨラは、型にのせて弾く小さ目の高音・中音を担当する楽器で、チェロは立てて足ではさんで弾く大きい低い音を担当する楽器なわけですが、形や構造は結構そっくりで、調弦もEADG, ADGCと一本ずれているものの、5度間隔であることもかわりません。

エレキギターとエレキベースに似た関係ですね。実際、エレキギター弾きはエレキベースもピック弾きならある程度できたりするような感じで、バヨリン弾きはハ音記号さえ読めればビヨラもある程度弾けてしまいます。

しかーし、バヨリン・ビヨラ弾きにとってチェロを弾くというのは、非常に難しいことなのです。それは、なぜかというと、肩に乗せて弾くのと、足に挟んで弾くことの違いから来ているのですが、左右がひっくり返ってしまう感じがあるからです。

右側通行なアメリカなどで車運転するのとちょっと似てます。が、もうちょっと厳しい感じですね・・

具体的には、高い弦に移動しようとすると、バヨビヨでは手首がさがる方向になるのですが、チェロでは上がる方向になる。だから移弦するたびに、「あ!逆だった!」という感じになってしまうのです。

車でいうと、右にハンドル回すと左に曲がるぐらいのイメージですね。


だから、チェロ弾きが遊びで「バイオリン弾かして~」なんていってるところに貸してあげると、こういう弾き方をしたりします。 


(この人は縦弾きバイオイン・スゲーうまいな・・・)

実際、先ほど書いたチェロの先輩に楽器を貸したらこんな風に弾いてました。「じゃあ、バイオリンひきもチェロを肩に乗せればひけるじゃーん」ともいえるのですが、「いや、乗せられないでしょ!」という冷静な判断がそこに来てしまうのです。

そうです。ここは一方通行なのです。

きっと、エレキギターの2弦3弦の長3度のところで「あっ」となってしまうエレキベース弾きが感じる「一方通行感」よりも大きいのではないでしょうか。

で!

・・・・ 本題にここでやっと入ります。


Webでこんなの見ちゃったんですよ。

うっはーー・・・

ほしいじゃんよ~、 楽しそうじゃんよ~

こんなにうまくひくのは無理にしても、ヘンデルのソナタの伴奏ぐらいなら、おいらでもなんとかなるんじゃない?

早速Webで調べまくりましたよ・・・ でも、こんな楽器どこでも売ってない・・・
売ってても超高い・・・ サラリーマンの趣味レベルでは無理・・・

ということで、まだ入手はできてないのですが、引き続き時々この楽器の安いモデルがでないかなぁと時々Webチェックはかけてきたいと思います。

中国製で10万ぐらいとかないのかなぁ。

自作しなきゃだめなのかなぁ・・・
ちなみに、このブログ書きながら気づいたのですが、ひょっとすると、弦の張り方を逆にしたチェロなら少し弾けるのかもしれない・・・ 超安い子供用チェロにストラップつけてみるとか? 引き続き悩んでみよう。

第48回 J専レッスン

個人エレクトーン

○7末 J専発表会の曲
 ⇒ ☆楽譜に、レジストレーションを切り替えるところの番号を振る
 ⇒ ☆メトロノームに合わせて練習する


【Electone Step4】

○線路は続くよ
 左手、耳コピして書いてきたもの、音が違うよ。
  → ☆なおして弾いてくる

○惑星
   ☆ 3鍵盤あわせてちゃんとひけるように
   ☆ 右手とExpだけで弾いて強弱の練習
     → Bのところは小さめ。 ドの音に向かう感じを出す。
  
☆ 宿題新曲: シャクトリムシノコイ

【グループ】
今回は月初レッスンなので、保護者同伴。

○ ラレドの町 → 息継ぎの場所、フレーズの切れ目で
○ ボヘミアンダンス → ハ長調で右手変奏  
○ たたいてみよう3. タンバリンとカスタネットで。 4は宿題
○ ビビディ・バビディ・ブー
○ ずいずいずっころばし
○ 3人の王の行進

※ラレドの町 (後日撮影)

☆宿題
ジュニアソルフェージュ・アンサンブル4より
  6ページ だいすきなあの歌を ⇒ うたう
 30ページ 音楽ひろば ⇒ つくる
26ページ ボヘミアンダンス → ベース間違えないようにひく。右手変奏
 44ページ ビビディ・バビディ・ブー ⇒ ひく よむ
 58ページ ずいずいずっころばし ⇒ 最後までひく 
 82, 83ページ ダルセーニョ・コーダ ⇒ かく
 
「3人の王の行進」 ⇒ひく

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

Haruya's Violin

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ