« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月の5件の記事

2018年3月31日 (土)

第114回 J専レッスン

個人エレクトーン

笠原先生

○ At the Codfish Ball(Step 7)
 ⇒ 合格

・イントロのDiminuendo


○ スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス(Step 7)
 ⇒ 合格

・最初のホルン Crescendo

☆次はEFの曲を一番がんばってきてね
☆シェラザード
・6/8拍子は2拍子として考えてみよう
・Stringsで優雅に
・左手の重音について、音の動きを理解するためにあえて両手に分けて弾いてみて音の動きを理解してみよう。

☆子犬のラグ
・コードを確実に弾いてくる
・特にdimコード。dimのコードをつかむ手の感覚を持つ。


グループ


☆宿題

○ ジュニアソルフェージュ8
19ページ: 詩人と農夫より

○ ジュニアアンサンブル8
10ページ: 小鳥のセレナーデ 
12ページ: パリのあやつり人形


2018年3月24日 (土)

第113回 J専レッスン

個人エレクトーン

代理で笠原先生
レッスン時間も30分前倒しシフトされていたが、そのことを聞いていた妻が伝言を忘れたため30分遅刻でレッスンはたったの15分となってしまった・・ orz わが家ダメダメだ・・

○ シェリトリンド

・Ddimを覚えられてませんね
・新しいコードは耳と手で覚える
・間違わない、止まらない、ミスしないようにしましょう
・伴奏形で弾いてきて

グループ

〇4/8発表会向け、カルメン

☆宿題

○ ジュニアソルフェージュ8
 スケール⇒ かく


○ ジュニアアンサンブル8
10ページ: 小鳥のセレナーデ ⇒ メロディアレンジ
12ページ: パリのあやつり人形 ⇒ ひく、きく


2018年3月13日 (火)

3/13 Violin レッスン

【 音階 】 小野アンナ
c-moll
4の指を一本で


【 Handel 】
1から2小節目、用意するために待たない
二分音符 全弓。上げ弓の途中で減速してしまいがち。減速しないで。
クレッシェンドも意識して。

次の八分音符、アップもダウンも同じ音になるように。


十六分音符右手首のクルクル回る動きをちょっと小さくしてみよう。
腰まで動くのはやめて。

後半
十六分音符弓少な目で。 タラタタとでてくるスラーは弓多く。タタのところはすくなく。

その次、タタララ(十六分音符4つで後ろ3つがスラー)のところ。弓をふわっとさせてはダメ。最初の音符は早い弓で。しかし軽く。
4つ目の音符がおおきくなると音楽的でない。

最後の八分音符。 全休 半 半

2018年3月10日 (土)

第112回 J専レッスン

個人エレクトーン

代理で笠原先生

〇 発表会向けのカルメン
 ⇒ アーティキュレーション
 ⇒ 同音連打のところ、指を変えながらできるかな?

○ At the Codfish Ball(Step 7)
 ⇒ 4分音符で半音ずつ下がるところ、丁寧に用意してレガートで
 ⇒ いちど右手なしで弾いてみて、縦の線をそろえよう

○ スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス(Step 7)
 ⇒ 音Registration切り替えの設定、やっておくべきなのにできてない。
 ⇒ 正確に弾くのが大事

○ シェリトリンド
 ⇒ 左とベースだけでいったん弾いてみよう
 ⇒ バラバラ弾いていると何弾いているのかわからなくなってしまう。
    次のコードを予想して同時にひくようにしよう

○ 作曲
 ⇒ イ短調からハ短調にいくなら、そこでG7を入れてみればよいのでは?


グループ

〇 カルメン

☆宿題

○ ジュニアソルフェージュ8
22ページ: バラード ⇒ うたう(フレーズ)

○ ジュニアアンサンブル8
8ページ: ケーソン ⇒ ひきうたい 
19ページ: 展覧会 ⇒ ひく

カルメン: 月曜5時から、もう一つのクラスのほうに合流して合わせましょう

2018年3月 3日 (土)

第111回 J専レッスン

個人エレクトーン

〇 とびらをひらこう ⇒ 右手から弾かずに左から弾いてみる?

○ At the Codfish Ball(Step 7)
 ⇒ リズム 音符の長さを意識して。
 ⇒ リズム+右手  ⇒ ソロの練習
    リズム+左手+足 ⇒ 何があっても間違わないような安定感が出るまで練習する。

 ⇒ I や V7の和音ではないのが出てくるところに気をつけて
 ⇒ イニシャルタッチ・アフタータッチをあまりかけないほうがいい。
    イニシャルタッチ大きくすると、音が小さくなりがち

○ スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス(Step 7)
 ⇒ Registration組んだはずなのに、USBに入ってない。(はるや談、きっと保存忘れ)
 ⇒ リズムにリバーブがmax入っていて変 
 ⇒ 少しゆっくりで
 ⇒ 右手スタカートもっとはねられないか?
 ⇒ 4の音、ホルンが大きい。5,6の音をつくる。
 ⇒ キメ3発 長さをそろえて
 

○ シェリトリンド
 ⇒ 弾けてない。
 ⇒ 左とベースをかためるといい
 ⇒ パッと見て弾けるコードが増えると楽しいよ!


グループ

〇 カルメン
 ・間奏曲: ひとりで何も弾けてない
 ・指の形、上にあげすぎない

☆宿題

○ ジュニアソルフェージュ8
8ページ:  ⇒ うたう
22ページ:  ⇒ うたう
31ページ:  ⇒ 伴奏形変奏

○ ジュニアアンサンブル8
8ページ:  ⇒ メロディ 伴奏形考えて弾く 
19ページ:  ⇒ さいごまで

〇カルメン

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

Haruya's Violin

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ