カテゴリー「住まい・インテリア」の38件の記事

2010年5月 2日 (日)

LED電球を買ってみた

我が家は、エコの流れに逆らうかのように白熱電球だらけである。
それは僕が蛍光灯がなんとなく嫌いだからだ。

何が嫌いって、まずオフィスみたいに白い光だと心が落ち着けない。
電球色蛍光灯ならばまあいいのだが、ばかのひとつ覚え的に
調光器とりつけまくりでスポットライト&ダウンライト中心
の我が家には、蛍光灯の出番はあまりないのだ。

しかし、白熱電球はやっぱり以下のデメリットがある。

・夏、暑い
・よく切れる
・電気代が高い

なんだかLEDが最近面白いことになってきていることもあり、
半年ぐらい前から一部LED導入をしようともくろんでいた。

そして今日、ついにLED球を3本買ってみたのだ。

(つづく)

2008年10月19日 (日)

ベッドヘッドのDIY作成

昨年の今ごろ、20万円ぐらいでベッドを購入した。色(オレンジっぽい茶色)はあまり気に入らなかったのだが、パカッと開いてその下が収納になる設計が気に入っての購入だった。当時のプランでは、気に入らない色のフレーム部分はベッドスカートで隠してしまい、ベッドヘッドは色が気に入らないので購入せず自作するということとしていた。

その後1年、(一応そこで寝てたけど)ベッドヘッド作成計画は放置され、部屋は汚れ放題となってしまっていたのだが、このたび、この状況を改善すべく、いよいよベッドヘッド作成計画を実行することとした。

以下のような設計図をノートに書くことができたことが前進のきっかけとなった。
設計これは横からみたいわば側面図である。奥行きは250mmぐらい。3本の橋脚としてふるまう3つの棚の上に、橋というか、梁というか、そんな感じで目覚まし時計とかを置くメインの部分を置くイメージだ。この設計のいいところは、スペースを収納としてある程度有効活用しつつ、4つのパーツが組み合わさって機能を提供するということで、一つ一つのパーツは持ち運び可能な大きさであり、作るにも使うにも「お気楽」でいられることである。

また、Web検索で、ダボと呼ばれる木工の世界の工法?を知ることができたことも大きい。ベッドヘッドの棚部分に、ねじ穴やらL字金具のような美しくないものは一切見えてはいけないという要件を自分に課していたのだが、どうやったらそれを実現できるかわからなかった。が、ダボを使えばよさそうだということで一応の施工の目途が立ったということだ。

さらに、これら3本の「橋脚」のうち、一番左側にある「引出」つきの橋脚パーツは詳細設計および施工がめんどくさそうなのだが、パーツ分け設計とすることで、この部分をとりあえず後回しにして、まずは2本の橋脚でとりあえずの機能を実現するという2段階施工(アジャイル開発?)が可能なことも大きなポイントだ。まずは、引出なしの、第1期工事ということであればすぐに作れそうだ。ということで、一通りの採寸をして、第一期工事の詳細設計を完了し、材料調達のためホームセンターへ向かうことにした。

以前は、この手の木材調達には藤沢のDOITを使っていたが、DOITはドンキホーテに買収されて雰囲気が悪くなったという噂を母から聞いていたのであまり行く気にならず、以前北面バルコニーのラティスを調達した保土ヶ谷は星川駅の近くにあるコーナン星川店に行くことにした。


F1000120コーナンでは、ちょうど幅250mmのパイン材が売っていた。色もいい感じだ。なるべく端材がでないように頭をつかって、カットコーナーでカットを依頼。揃った材料を持ち帰った。

F1000113家に帰ってきて、サンダー(これも合わせて安物を3000円ぐらいで購入した)を使ってやすりがけし、インパクトドライバの先につけたドリルで穴をあけ、ダボと呼ばれるジョイントを使いつつ、ボンド接着してまずは、橋脚部分の組み立てを行った。

まずは、橋脚1本できたので、デザイン検証してみよう。
まずは、こんな風な状態で設置してみた。
とりあえず

まだ橋脚1本で非常に安定感がない状態であり、かつ、上の梁の部分はダボ&接着剤もやってなくて、グラグラだったりするのだが、まずはデザイン検証ということで軽く組み立ててみた。


F1000115
おっ、なかなか、いい感じじゃーん。
ロハスな感じ~、幸せ~。


F1000117部屋の照明を消して、ベッドサイド照明をつけるとこんな感じ。今まで、目も当てられないショボイ状態のベッドルームが、結構いい感じになって、やっと絵でも飾ろうかという気分にもなってきた。いいぞいいぞ。

しかし、そこで達成感・満足感を感じてしまい、体力・気力的につかれちゃって、ベッドにゴロン・・。
まだ固定できてなくてグラグラ状態なのだが、手で色々押したりしてみたのだが、とりあえずの実用上は問題ないぐらいに、そこそこ安定もしちゃってる。蹴っ飛ばしたり寄りかかったりしない限りは、大丈夫そうだし、「いっかー」ということで、すぐに眠ってしまったとさ。

近いうち、ちゃんとやろーっと。

2008年8月23日 (土)

備蓄電球購入

電球をまとめてガッツリ購入した。インターネット上のルクスなるお店でしめて7000円弱。良い買い物だった。

我が家の照明には、馬鹿の一つ覚え的にスポットライトが多用されている。(無論、私がそのようにしたのだがw) スポットライトってのにも色々あるようだけど、普通に自宅につけようとすると、ナショナルのダイクロビームあたりを買うことになるようです。そんで現在我が家には今しめて13本のスポットライトがあるんだけど、そこにダイクロビームとやらが13本刺さっている状態なわけです。

んで、このダイクロなんちゃらいう電球、ひとつ問題があるんです。何が問題って、普通に電気屋で買うと1本2500円以上するんだよね。実際自分はこれまで15本以上この値段で買ってるわけなんだけど、やっぱこの値段、普通の電球の10倍ぐらいするわけで、ビンボーな私的にはかなりきつい。(家かってローンが始まる前の金銭的勢いがあったときならともかく・・)

それともう一つ問題なのは、このダイクロックハロゲン球とやら、どこでも売っているわけではなく、結構照明関連の品揃えのいいところでないと売っていなかったりするんです。だからプツっと電球が切れたりすると、買いに行くのも結構一苦労になってしまうわけです。だからちゃんと備蓄をしておく必要があるんだけど、1-2本ぐらいストックしておけばいいかというとそうではない。さらに厄介なことにこのダイクロビーム君には光の角度(スポット度合い)に応じて種類があって、広角・中角・狭角と3種類も種類がアルですよ。だから備蓄も各種それぞれ1-2本ずつ、すなわち6本ぐらいストックしておきたいわけです。つまり、一声15000円ですか?

まあ、すでに電球が切れて部屋が暗くて困るだとか、そういう場合、快適な生活を守るために出せないお金ではないのだけど、今困ってないのにポンっと出てくるかというと、自分的にはこの額は微妙なわけです。

それで、1年ほど前に思いついたのは「ボーナスが出たときに買いためておく」という指針。お金の余裕があるときにまとめ買いしておけば、ビンボーなときに「うぉぉーー;;スポット切れたーぁぁ、金ネェェー」とかそういう風にならずに幸せだろうと。

しかしその後何が起こったかというと、ボーナスが出た頃にはそのことをすっかり忘れて無駄遣いをしてしまい、思い出した頃にはまた金がない・・ そんなループを2回ほどやったかな。

はぁ。ゴメンナサイね。アホで。

んで、今回もボーナスもらってから2ヶ月が経ち、少々懐の余裕がなくなってきて来たあたりで思い出した・・と。

「ちぃぃーっ! またやってしまった!」

そう思いました。

が、今回は、ふと、「ネットで買ったら安かったりしねーけ?」「それに電球なんかショッピングしてて楽しいものでもないんだしネットで買えばいいんじゃね?」ということに気付いたんです。そんで、やってみたですよ。

Google先生に電球の型名[JDR110V40W]を入れて検索、価格コム的な比較サイト経由で調べたところ、上記のお店で、なんとダイクロビームと同じもの(コンパチ製品)が800円弱で売ってるじゃありませんかー!(東芝とか三菱とかのブランドで売ってた)

まとめて中角x4、狭角x2、広角x1買っちゃいましたよー。

定価で買ってたら2万円近くかかってたと思うけど、1/3の出費ですんだよー。

送料が一回あたり500円ほどかかるんで、まとめ買いのほうがお得なので、ついでに家中の電球のリストを作って、それぞれに基準備蓄量を設定して、ぜーんぶストックを買っちゃいました。

これでしばらくウチは電球には困らないぜ!

今後も年次購買会と題して、1年に1度ほど、ボーナスが出たころを狙って、備蓄棚卸&補充Web購買してゆこうと思います。

2008年6月 7日 (土)

調光器の取り付け

以前から考えていた調光器の取り付けを行った。

調光器ってのは部屋の照明をON/OFFとするだけでなく、
20%だけONとか、80%ONとか強弱を調整できるような仕掛けで、
スイッチの取り換え作業的に行うことができるものだ。

自分の家の照明スイッチは松下の製品であることはわかっていたので、
半年ほど前食器洗い機をみにナショナルのショールームに行った際、
カタログをもらっていた。そのカタログをみて、Webショッピングで
以下を購入。取り付けた。

WTC575251W  x3  和室、洋室1、洋室2
NQ20203T   x1  リビング

結果は大満足。

我が家の照明はスポットライトが多いのだが、寝室のは
少々眩しすぎるという問題があった。調光器で間接照明を暗めに
照らすことでリラックスできるムードの寝室になった。

まあ、部屋が散らかっているので、今のところムードがあるというのには
程遠いんだけどね。

がんばって部屋かたづけなくちゃ。

2008年5月25日 (日)

見せるキッチン

「魅せるキッチン」なるコンセプトを掲げ、キッチンの美化をしようと思いはじめてもう1年以上たつ。しかし、なかなか計画は進まず目を覆いたい状況が続いていた。

今日、ノースポートのKeyucaで久々の進展となる買い物をした。ツッパリ棒というショボイ実装手段でキッチンの壁面を有効活用するグッズながら、なかなかカッコよく、以前より目をつけていたものだ。


F1000038設置したところ、サイズが想定よりも大きく(40cmぐらいが嬉しかったが、60cm)、少々無理のある設置となったが、なかなか満足な仕上がりとなった。据付型食器洗い機が設置されたため、手で洗って干す場所の容量を減らし、調理スペースを広げたいというニーズもあったので、実用面でも大きな改善だ。

投資額約2万円。なかなか悪くない。

F1000004ちなみに、売り場のディスプレイはこんな感じ。壁のところがガラスにになってたり、照明とか置いてあるものがかっちょ良かったりで、現実離れはしているが、お手本として参考にしたい。ディスプレイでは偽シュガーバインを絡めているが、ウチでは偽アイビーを絡めてみた。


「魅せるキッチン」にはまだ程遠いが、「見せるキッチン」いや「見せてもいいかなキッチン」ぐらいにはなったかもしれない。

ところで、今回の投資は基本的に機能性を重視した「見せる収納」という概念に基づいている。しかしこれは一歩間違えるとカオスキッチンができあがることを意味する。っていうか、これまで何もしなくてもカオスキッチンだったことを考えると、よっぽど慎重に運用を行わないと、一歩間違えなくてもすぐにカオスキッチンになる。今後、キッチンウェアの色や材質にこだわったり、定期的に金属部分を磨いたりと、気をつけて運用して行かねばなるまい。

パスタだとか、瓶のオリーブオイルだとか、白と木の色の塩・砂糖入れだとか、スパイス&岩塩ミルだとか、「絵になる調理器具」を少しずつそろえてゆこう。楽しみだ^^

2008年3月15日 (土)

加湿器と洗濯機

今日は、権太坂のコジマで加湿器と洗濯機を購入した。

 1.加湿器: ナショナル FE-KXC05
 2.洗濯機: ナショナル VR-2200R

よく見たら、どちらも消えゆくブランドであるナショナルを選んでいた(笑)
数年後、「わっ、ナショナルだ! 年代物だねぇ」なんていうことになって
しまうかも・・ まっ、いいか^^

洗濯機は昨年末買った食器洗い機や、先日買った掃除機とともに、
嫁さんの予算で買ってもらった。嫁入り道具というのか、嫁さん側の
親戚のみなさんからいただいたお祝いというのか、なんというのか、
とにかくありがたいお話です。

加湿器がほしかったのは、嫁さんの風邪が全然なおらないため。
もうすぐ生まれる赤ちゃんのためにも、今買うべきだろうという判断。

実は最初は洗濯機を買う予定はなかった。加湿器が必要だということで、
いつも行くヤマダ電機にいったのだが、加湿器は季節商品扱いとなっていて、かつ、
冬が過ぎつつある今は、すでに季節はずれ気味商品な位置づけなので、
ほとんど品物がない状態。

しょうがないので他にいってみようと、権太坂のコジマにいったところ、
こちらは結構商品がのこっていたので、結構よさそうなものを買えたなと思う。

でも、やっぱり加湿器はコジマでも時季外れ気味になっていて、
いいなと思ったFE-KXC05はもう「現品限り」状態。まいっか、ということで、
展示品を購入することにした。

んで、展示品買い上げにあたり、商品をきれいに拭いてもらっている最中、
店内を見回すと、以前から狙っていた洗濯機のVR2200Rが「5台限り!」、
「破格の価格設定!」で売っているではないか!

おおー!
かっちゃう? かっちゃう? 
かっちゃおぅーぅぅ^^

ってことで、買ってしまったですよ。

VR2200Rは12月頃すでにほしいと思っていて、当時
「価格コム」で調べて、最安に近い店に問い合わせたんだけど、その際
今の洗濯機を引き取ってもらうのに3-4万円かかるとか言われて、
びっくり&ゲンナリしていた・・・。

一方、いわゆる電気店で価格をみると、どこでも7万円ぐらい高い感じ。

ほしいけど、買えないねぇ・・どうしよ・・っという位置づけだったわけです。VR2200Rは。
んで、今日、以前みた価格コム最安値と同じぐらいの値段で、
かつ古い洗濯機の引き取り費用がほぼ無料ということで売っていたのを見つけたので、
即決してしまったということ。

ヨカッタ、ヨカッタ^^

2007年12月23日 (日)

クリスマスツリー

F1000036自宅で行うクリスマスパーティのためにツリーを組み立てた。

このクリスマスツリーは、17年ほど前、家族がニューヨークにいたときにむこうで買ったもの。当時高校2年生だった僕がこのツリーに初めて会ったのは、1990年12月24日(現地時間)だったはずだ。受験を1.5年後に控えていたので、ひとり日本に残っていた僕。はじめて家族とはなればなれで暮らして、数ヶ月ぶりに家族に再会したその日、そこにいたのがこのツリーだった。

それまでのウチのクリスマスツリーは、背の低い生きた本物のもみの木だった。カラフルな電飾やらなにやらを飾ってクリスマスをそれなりに楽しんではいた。が、今思えば決して綺麗な類のものではない。僕も妹もそのツリーが大好きだったけど、ごちゃごちゃと子供が好きそうな飾りをくっつけたようなだったんだと思う。

そんな僕が、本場キリスト教国なアメリカではじめてみたこのクリスマスツリー。その大きさと美しさにびっくりしたものだった。だからこのツリーは自然と「わがやの自慢のツリー」になっていた。


そんな僕も17年後結婚をした。そして、お互いの家族を呼んでクリスマスパーティをすることになった。
思えば、初めて連れを実家に連れて行ったのがちょうど1年前の2007年12月24日。その場にもこのツリーがいて僕を応援してくれていたような気がしたものだった。

だから、パーティの場にも、なんだかやっぱりこのツリーがいてほしかった。だから、無理をいって実家から借りてきて飾り付けたのだ。



F1000037飾り終わって部屋の電気を消してみる。
写真でみるとイマイチだけど、やっぱり綺麗だなぁ^^

冬の寒くて寂しい季節。ぽっと心にともし火をつけてくれるようなクリスマスって素敵な行事だなぁって思います。

2007年12月21日 (金)

食器洗い機

連れの家族からのプレゼントで我が家に食器洗い機が導入された。もちろんビルトイン、ドア面材タイプ。

先日ナショナルのショールームを尋ねて決定したNP-P45MD1Wの据付がやっと終わったのだ。

本体は価格コムの最安店で購入。面材はマンション管理会社経由でタカラスタンダード社に発注して手配。
工事は本体購入店に4万円以上払ってやってもらった。

F1000035仕上がりは大満足。
しかし、こうやってみると、苦労して面材合わせたのに、ショボイ100円ショップ系タオルかけがすべてをぶち壊してるな。。

それと、キッチンの上。。片付けてから写真とりゃよかった。

ちなみに、身重の連れ曰く、これが導入されたおかげでだいぶ楽になったとのこと。
ヨカッタ、ヨカッタ

2007年11月24日 (土)

室外機カバー(その3)

半年以上前に作成に取り掛かった室外機カバーだが、
やっと最後のピースである天板を調達できた。

藤沢のDOITにて3800円+木のカット代50円

採寸が面倒くさくて+お金がなくって+いろいろ決断できなくて
のびのびになっていた。

色を白く塗るかどうかまだ決めかねてるけど、
まあ、そのうち考えよう。

2007年6月23日 (土)

無線LAN設定変更

東戸塚のいえの無線LANの設定を変更した。

いや、複数のいえを持っているリッチマンというわけではなく、
実家じゃなくて、自分のいえの設定を変更したよという
だけのことだ。

一年半ほどまえ、以下のとおり設定をしたのだが、
http://akio.way-nifty.com/ja/2006/03/post_bde4.html
このたびニンテンドーDSのWiFiコネクションなんてものを
やってみようということで色々やっていたら、問題発覚!

 ・WEP以外の暗号化方式には対応してませんー

ぐげぇぇ~ めんどくせぇぇl

しゃーないので、設定変更しました。

設定変更すると経験上、設定変更したことを忘れるという事態が、
確実に発生するので、ここにメモを残す必要があるのです。

-------------------------------------------
 暗号化方式: WEP
 WEPキー:  16進数で、

            XYZZAFVWYW

        V,W : 妹 の誕生日は V月?W日
        X, Y: 父の誕生日は  X月Y日
        Z : 私の誕生日は ?月?Z日
-------------------------------------------

まあ、こんな感じ。

Haruya's Violin

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ