カテゴリー「ヤマハJ専」の117件の記事

2018年1月 5日 (金)

エレクトーンのペダル鍵盤指示記号

【まえおき】
はるやのエレクトーン練習をみるとき、フィンガリングを考えて楽譜に書いてあげるのは結構大事な作業だなぁと思ってる。自分鍵盤楽器はちゃんと弾けないので、本当にベストなフィンガリングを提案できているかというと自信はないけど、自分がバイオリンをやってきた経験からその重要性は強く認識してる。また、フィンガリングを考えるということは、音楽的というよりはエンジニア的な作業だと思う。

実際、自身が中学生や高校生のころ考えたヴァイオリンのフィンガリングは大人になって改めて振り返ると非常に未熟で無駄が多く、そんなフィンガリングで練習していたのは無駄だったなぁとつくづく思うのだ。

はるやは、とりあえず耳から入って出したい音を出したいという想いがつよいのか、ほおっておくとテキトーなフィンガリングでとりあえず弾こうと頑張ってしまう。が、そのままほおっておくと、たいてい何度練習してもうまくいかない。ミスが取れないのだ。

小学校中学年にもなってきたので、もう本人の自主性に任せるべきだろうだとか、面倒だから任せてしまえという風に思って最近放置してきたが、ここのところ行き詰まり感がハンパないのでやはり介入せねばなと最近思い直した。やはりエンジニアリング的観点で合理性のあるフィンガリングで練習すればミスがなくなり演奏の質が上がる。そういう視点を小学三年生にいきなり求めるのは無理がある。自分でフィンガリングを考えさせることも大事だとおもうので、いったん考えさせたうえで無理のあるところは介入してベターなフィンガリングを提案して説明して練習させて、なるほどと思わせるようなサポートをしなくてはいけないだろう。

さて、そういうわけで、楽譜に1とか4とか5とか数字を書くわけだが、エレクトーンだとペダル鍵盤がある。こいつは足で鍵盤を踏むのでフィンガリングという概念はそもそも存在しないと思われるが、フィンガリング相当の概念はある。通常左足のつま先で踏むのが普通だが、難しい曲ではかかとをつかったり右足を使ったりもすることがある。そうなると、「その音をどの足のどこで踏むのか」ということをエンジニアリング的合理性で考えて、アドバイスしてあげなくてはいけない。 したがって、その内容を楽譜に書き込んだりしたくなる。

さて、フィンガリングならな1から5の数字をかけば事足りるのだが、足鍵盤については何と書けばいいのだろう? これまでこれがわからず、自己流でT(Toe) H(Heal) R(Right) などというマークをつけてきた。が、今回少しググって調べてみた。

【本題】
以下の下から8行目のあたりに記述がある。
http://www.dolmetsch.com/musicalsymbols.htm

オルガンの足鍵盤については、

U: かかと
∧: つまさき

 音譜の上にかく: 右足
 音譜の下に書く: 左足

ということだそうだ。なるほど・・勉強になった。

2017年12月16日 (土)

第104回 J専レッスン

個人エレクトーン

○ At the Codfish Ball(Step 7)
 ⇒ ベース音が違ってるよ
 ☆ [4]の音を準備する

○ スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス(Step 7)
 ⇒ シンバルの音がおかしい。中国のドラの音になってるよ・・
 ⇒ [4]の音のところを練習。終わりまで。


○ 作曲
 ⇒ 音[5]番をつくる
     [4]いっこおとひく
     [4B]を鐘の音、エレキ中心にする。

グループ

〇 オランダの兵隊さん
  ⇒ リレー奏
 ☆ 6/8拍子なので伴奏形を考えてきて(3段目は変える)

〇 4月発表会向け: カルメン
・楽譜 残りが配られる
・今週はほぼ出番なし
☆3枚目・4枚目をやっておく


☆宿題

○ ジュニアアンサンブル8
4ページ:  ⇒ [A] [B] 
12ページ: ソル・イ・ルナ ⇒ (3)
24ページ: ハッピーランドへようこそ ~組曲「チビ猫みみーの大冒険」より~ ⇒ [5]

○ ジュニアソルフェージュ8
6ページ: タイプライター ⇒ うたう
28ページ: オランダの兵隊さん ⇒ 返送
56ページ:  ⇒ かく

〇 カルメン 間奏曲

2017年12月 9日 (土)

第103回 J専レッスン

個人エレクトーン


○ At the Codfish Ball(Step 7)
 ⇒ 2番の音を作ってくる宿題できておらず・・・
 ⇒ シャッフルリズムに合わせて休符を取ろう
 ☆ 3のところまで弾いてくる。

○ スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス(Step 7)
 ⇒ イントロのカウント、音大きすぎ
 ☆ 次は4ページ目上段まで
 ☆ コピーとって、譜めくり不要にしたほうが良いと思います。


○ 作曲
 ☆ データを一つの曲にまとめてこよう
 ☆ 戦いのところ、リズムを入れておこう。 ロック・パンクあたり?


グループ


☆宿題

○ ジュニアソルフェージュ8
6ページ: 
28ページ: オランダの兵隊さん ⇒ 両手

○ ジュニアアンサンブル8
4ページ:  ⇒ メロディ 
12ページ: ソル・イ・ルナ ⇒ (2)
24ページ: ハッピーランドへようこそ ~組曲「チビ猫みみーの大冒険」より~ ⇒ 「4」

〇カルメン ⇒ きく 2ページ

2017年12月 2日 (土)

第102回 J専レッスン

個人エレクトーン

〇 とびらをひらこう ⇒ 右手から弾かずに左から弾いてみる?

○ At the Codfish Ball(Step 7)
 ⇒ Aから音変わるからね。

○ スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス(Step 7)
 ⇒ 練習できてない。

○ シェリトリンド
 ⇒ 左手レファラではなくファラレで弾こうね。
 ⇒ ☆ メロディを楽譜に写して書いてこよう。

○ 作曲
 ⇒ イ短調からハ短調にいくなら、そこでG7を入れてみればよいのでは?


グループ

〇 即興
 ・ドッペルドミナントを使って


☆宿題

○ ジュニアソルフェージュ8
10ページ: タイプライター ⇒ うたう
4ページ: Talk to me (ぼくと話そう) ⇒ うたう
28ページ: オランダの兵隊さん ⇒ 半分

○ ジュニアアンサンブル8
6ページ: 狼なんかこわくない ⇒ C 
12ページ: ソル・イ・ルナ ⇒ つづき
24ページ: ハッピーランドへようこそ ~組曲「チビ猫みみーの大冒険」より~ ⇒ 4とちゅう


2017年11月25日 (土)

第101回 J専レッスン

個人エレクトーン

○ At the Codfish Ball(Step 7)
 ⇒ イントロは弾けたので次はAの部分だね。

○ スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス(Step 7)
 ⇒ イントロは弾けてるけど、その先左手譜読みができてない・・・
 ⇒ リズム入力をしてみよう。
  ⇒ バス・スネアはメインドラムに、シンバル・タンバリンはアドドラムに入れてみよう。
  ⇒ タンバリンは8分音符。タタと続けて入れるところ 強弱 をつけて、入れてみよう。
  ⇒ 最初のカウントの小節も入れておこう

○ シェリトリンド
 ⇒ B7の音がわからなくなるね
 ⇒ 弾いてもらったのを録音したので、わからなくなったらこれを聞いて練習しておいてね。

○ 作曲
 ⇒ フォルダや音の整理をしないと何がどこにあるかわからなくなるよ。まずはそこから。


グループ

〇ハッピーランドへようこそ


☆宿題

○ ジュニアアンサンブル8
6ページ: 狼なんかこわくない ⇒ C かく ひく
12ページ: ソル・イ・ルナ ⇒ 1
24ページ: ハッピーランドへようこそ ~組曲「チビ猫みみーの大冒険」より~ ⇒ 3

○ ジュニアソルフェージュ8
28ページ: オランダの兵隊さん ⇒ メロディー
10ページ: タイプライター ⇒ うたう
4ページ: Talk to me (ぼくと話そう) ⇒ うたう

2017年11月18日 (土)

第100回 J専レッスン

個人エレクトーン

○ オーラリー ⇒ OK
○ スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス(Step 7)
 ⇒ この曲はリズムを自分でくんでみよう。

○ アークザラッドのテーマ 

○ とびらをひらこう ニ長調
 → CDに合わせて練習
○ At the Codfish Ball
 → 全然やってない。
 → まずは音を作ってから弾いてくること。

○ 作曲

焼野原にポツンと家がある。


グループ

☆宿題

○ ジュニアアンサンブル8
6ページ: 狼なんかこわくない ⇒ [B]
12ページ: ソル・イ・ルナ ⇒ (1)
24ページ: ハッピーランドへようこそ ~組曲「チビ猫みみーの大冒険」より~⇒ [2]

○ ジュニアソルフェージュ8
 4ページ: Talk to me (ぼくと話そう) ⇒ うたう
26ページ: 闇路 ⇒ 変奏
55ページ:  ⇒ かく

3/24(土) 発表会のリハーサルなのでレッスン時間変更。(はるやの個人レッスンは1/6に変更)

2017年10月28日 (土)

第98回 J専レッスン

個人エレクトーン

USBを自宅に忘れた。信じられん・・・

○ とびらを開こう (ヘ長調)
 ⇒OK 次はニ長調ね
○ ハイホー (Step 6教本)
 ⇒ 合格。
 ⇒ でもベースTubaの2分音符、しっかり伸ばして。その時左手まで長くならないように。

○ アークザラッドのテーマ ⇒ 仕上げ

○ オーラリー ⇒ とりあえず変奏なしでは弾けた。変奏がうまくできず。


作曲のモチーフを録音してUSBにいれておいたが、家に忘れたため先生にお聞かせできず。
☆じゃあ、次回までに5個いいのを選んでおいで

【宿題】
新曲: 好きなほうから始めようか
☆アット・ザ・コドフィッシュ・ボール (Step 7)
☆スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス(Step 7)
☆ラ・カンパネラ (Step 6)

継続:
☆アークザラッドのテーマ ⇒ 仕上げ
☆オーラリー ⇒ メロディ変奏。伴奏も刻みを少しいれるといいか
☆とびらを開こう (二長調)
☆作曲 ⇒ モチーフを5個選ぶ。シナリオを考えておく。

グループ

○ チロリアンヌ
○ 即興練習。 ト長調 → ニ長調 → ト長調 → ハ長調 → ト長調

☆宿題

○ ジュニアアンサンブル8
8ページ:  ⇒ メロディー
24ページ: ⇒ [1]

○ ジュニアソルフェージュ8
 4ページ: ⇒ うたう
10ページ:  ⇒ うたう
26ページ:  ⇒ Bばんそう考える ⇒ 両手

2017年10月21日 (土)

第97回 J専レッスン (休)

レッスンを休んでしまった。お手紙で以下の宿題をいただいた。

グループ宿題

○ ジュニアソルフェージュ8
  暗路 ⇒ メロディ弾く
○ ジュニアアンサンブル8
 ハッピーランドへようこそ ⇒ 3か4パート [1]の前まで


○ ジュニアソルフェージュ7
 30ページ: おどれおどれ ⇒ 変奏

○ ジュニアアンサンブル7
 40ページ: モーツァルトのテーマによる変奏曲 ⇒ テーマ とVar.1  4パート
12ページ: チロリアンヌ ⇒ 伴奏型考える

2017年10月14日 (土)

第96回 J専レッスン

個人エレクトーン

【Step 7】
☆ とびらを開こう ⇒ ヘ長調

○ アークザラッドのテーマ ⇒ 足上げすぎ
○ シェリトリンド ⇒ 

【Step 6】
○ ハイホー ⇒ しょぼい


作曲紙に書いてくる

グループ

○ チロリアンヌ

☆宿題

○ ジュニアアンサンブル7
12ページ: チロリアンヌ ⇒ A&A’
 14ページ: ブリティッシュ・ロック⇒ しあげ
 20ページ: 地底探検隊 ⇒ ぜんぶ

○ ジュニアソルフェージュ7
 27ページ: 花売り⇒ 変奏
 30ページ: ジプシーのおどり ⇒ 変奏

2017年9月30日 (土)

第95回 J専レッスン

個人エレクトーン

【Step 6】

○ ドレミのうた ⇒ OK

○ ハイホー 

・・メモ紛失。。

Step7の本から宿題
☆ アークザラッドのテーマ
☆ シェリトリンド


グループ


☆宿題


○ ジュニアソルフェージュ7
 27ページ: 花売り⇒ 両手
 31ページ: ⇒ 変奏
 46ページ:  ⇒ かく

○ ジュニアアンサンブル7
 12ページ:  ⇒ 右
 14ページ: ブリティッシュ・ロック⇒ ぜんぶ
 30ページ: 地底探検隊

より以前の記事一覧

Haruya's Violin

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ